【F1】昇格目指すルクレール、テスト結果に満足。ライコネンも好評価

F1昇格を目指すシャルル・ルクレールは、ハンガリーでのF1インシーズンテストに参加し、自身の走行に満足している様子だ。

 シャルル・ルクレールは、プレマ・レーシングから参戦中のF2選手権でトップを独走。7ラウンドを終えて50ポイントをリードしている。ハンガリーGP後に行われたF1インシーズンテストではフェラーリSF70Hをドライブし、テスト1日目のトップタイムをマークした。

 フェラーリ・ドライバー・アカデミーに2016年に加入した彼は、セバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンを観察できることが『大きな助け』になっていると語っていた。

 ライコネンはルクレールについて、「(テストでは)チーム全体が彼をサポートしていたので、彼はハッピーだっただろう。それはいいことだ」と述べた。

「普段慣れ親しんでいるのとは異なるマシンをドライブするのは、常に難しいことだ」

「しかし、彼には時間がある。彼は素晴らしい進歩を見せたし、彼の将来にとっては間違いなくいいことだ」

 フェラーリ会長のセルジオ・マルキオンネは、フェラーリのリザーブドライバーを務めるアントニオ・ジョビナッツィやルクレールのために、F1シートを用意したがっている。

 フェラーリとパワーユニット供給契約を結んだザウバーを、フェラーリの育成ドライバーの進歩を助けるためのジュニアチームに変えることを考えているとマルキオンネが明かしたことで、ジョビナッツィやルクレールのチャンスは増した。

「言うまでもなく、できるだけ多くの人に良い印象を与える必要があるし、そうするために僕はベストを尽くす」とルクレールは語った。

「それからもし今年の終わりにチャンスがあれば、僕はそれを両手で掴みに行くだろうけど、今はF2に集中している」

 ルクレールはハンガリーテストで98周を走行。マクラーレン・ホンダのストフェル・バンドーンを0.088秒上回り、テスト初日のトップタイムをマークした。

 彼のベストタイムはソフトタイヤでの1分17秒124だった。ベッテルのベストタイムより0.622秒遅いが、ベッテルのタイムはスーパーソフトタイヤで出したものだ。

「僕は満足している」と、ルクレールはテストの感想を述べた。

「良い印象を与えるのは、常に重要なことだ。だけど正直に言って、それが(テストでの)本当の目標ではなかった」

「主な目標は、F1マシンに乗って走行距離を重ね、できるだけ最高の仕事をし、彼らに僕のことをよく知ってもらうことだったんだ」

【関連ニュース】

ホンダ、コンセプト一新という挑戦を過小評価していたと認める

ザウバー代表、”ルクレールのような”若手ドライバー起用に前向き

今年のF2で圧倒的強さ。ルクレールがマカオF3に挑戦!?

フェラーリ、ザウバーを”兄弟チーム”化、若手ドライバー起用か?

ハンガリーF1テスト初日総合:跳ね馬期待のルクレールが首位

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー シャルル ルクレール , キミ ライコネン
記事タイプ 速報ニュース