F1、来季よりドライバーのグローブに生態認証センサーの搭載を決定

来シーズンより、ドライバーのレーシンググローブに生態認知センサーを搭載することが決定した。

 2018年より、ドライバーのレーシンググローブの内側に厚さ3mmの生態認証センサーを搭載することになった。

 当初このセンサーは、ドライバーの心拍数や脈拍、血液中の酸素量を測るために導入される予定であったが、将来的には体温や呼吸速度などもチェックできるようにすることが期待されている。

 すでにハンガリーGPの週末にメルセデス、フェラーリ、レッドブルのドライバーがこのセンサーをテストしており、近いうちにいつから使用するのかを決めることになる。

 このプロジェクトはthe Global Institute for Motor Sport Safety(モータースポーツの安全に関する国際機関)のサポートを受けており、大きなアクシデントが起きた際に、このセンサーからのデータが現状を変えるために役立つことが期待される。

 FIAのメディカルチームの副代表であるDr.ラン・ロバートは、FIAのAUTOマガジンにこう語った。

「医療ケアの観点からも、我々がドライバーをモニタリングすることは不可欠なことだ」

「インシデントに巻き込まれたドライバーについても同じだ。我々はできるだけ早くモニタリングを始め、これを評価したい。我々が現在使用している機器は、比較的大きく、インシデントが起きた後にのみ適用されるものだ」

「(インシデントに遭った)ドライバーはすぐに我々とコンタクトを取れるわけではなく、時間が必要になる。もし我々がすぐにドライバーと接触できなかったり、彼らのそばにいなかった場合は、我々が得られる情報は限られてしまう」

The Scuderia Toro Rosso STR10 of Carlos Sainz Jr., in the Tecpro barriers
The Scuderia Toro Rosso STR10 of Carlos Sainz Jr., in the Tecpro barriers

Photo by: Steven Tee / LAT Images 

 2015年のロシアGPのフリー走行3回目でカルロス・サインツJr.(トロロッソ)がクラッシュを喫した。サインツJr.はタイヤバリアに突っ込んでしまい、その状況を把握するのに時間がかかってしまった。ロバートは、このような場合に特にこのセンサーが役に立つと考えている。

「ドライバーと直接対面するまで、正確な状況把握は不可能だった。あの時は言うまでもなく、タイヤバリアが除去されるまで彼の状態が分からなかったんだ」とロバートは話した。

「もしすぐに彼の状況をモニタリングできていたら、あの当時実際に行った救助よりももっと良い救助計画を立てることができたはずだ」

「この新しいテクノロジーにより、ドライバーがインシデントに巻き込まれた時に、生理学上の情報と生体認証を受け取ることになるだろう。ドライバーは事故直後から最初の反応があるまで、もしくはメディカルセンターに到着するまで、絶えずモニタリングされることになる」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース