【F1】松下信治、マクラーレン・ホンダのテスト兼開発ドライバーを継続

今年GP2で3年目のシーズンを迎える松下信治は、マクラーレン・ホンダのテスト兼開発ドライバーとして継続起用されることが決まった。

 マクラーレン・ホンダは、GP2に参戦中の松下信治をテスト兼開発ドライバーとして継続起用することを発表した。

 松下は今季、GP2で3年目のシーズンを迎える。それと並行して、マクラーレン・ホンダのテスト兼開発ドライバーを務めることになった。

 松下はこの発表を受け、次のようにコメントを寄せている。

「今年も名門マクラーレン・ホンダのテストドライバーの一員として開発に携われることをうれしく思います。マクラーレンでのシミュレーターや実車テストを通じて得る経験と知識を活かして、ドライバーとしての成長に繋げます。そして、僕のメインレースであるGP2シリーズで大いに活躍できるように頑張りたいと思います。このチャンスを与えてくれたマクラーレン・ホンダに心から感謝します」

 マクラーレン・テクノロジー・グループのCEOであるザク・ブラウンは「松下選手は日本のF3からGP2にステップアップして以来、我々との時間を通じて急激な成長を遂げ、自信を身につけています」と語る。

「一方で、彼のシミュレーターでのテストはマクラーレン・ホンダのF1活動にとって非常に役立っています。また、GP2シリーズは競争の激しいカテゴリーですが、彼は勝つために何をすべきか理解していますし、さらに、彼にとってART Grand Prixからの参戦を続けることは今シーズンの活躍の助けになるでしょう」

 ホンダのモータースポーツ部山本雅史部長は、「Hondaの若手チャレンジプログラム出身の松下選手が、今年もマクラーレンと契約しマクラーレン・ホンダの開発ドライバーを務めることを非常にうれしく思います」とコメントする。

「彼は将来の日本人F1ドライバーの候補の一人です。シミュレーターを通じた開発でチームの車体作りへ昨年以上に貢献すると同時に、チームから多くのことを吸収し、さらなる成長を遂げることを期待しています」

 松下はホンダのドライバー育成プログラム「Honda フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト(HFDP)」の一員であり、今回のマクラーレンでのテスト兼開発ドライバー活動も、その一環である。

【関連ニュース】

【GP2】”勝負の年”松下「力強いレース運びでチャンピオン争いを」

【GP2】バンドーン「ノブ(松下信治)は勝つべくして勝った。おめでとう!」

【GP2】松下信治GP2モナコのレース2で優勝。モンテカルロに君が代が流れる

【F1】マクラーレン、”MP4”の使用を終了。新車名は”MCL32”

【F1フォトギャラリー】マクラーレン”MP4”シリーズを振り返る

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1 , FIA F2
記事タイプ 速報ニュース