【F1】松下信治、ハンガリーGP後のテストでザウバーF1を初ドライブ

シェア
コメント
【F1】松下信治、ハンガリーGP後のテストでザウバーF1を初ドライブ
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
2017/07/24 10:10

松下信治が、ハンガリーGP後のインシーズンテストで、ザウバーF1マシンを走らせることが発表された。松下はこれがF1初テストとなる。

Nobuharu Matsushita, ART Grand Prix
Marcus Ericsson, Sauber C36, Pascal Wehrlein, Sauber C36
第1コーナーを見下ろすベランダからF1レースを観戦する八郷隆弘社長と、前日のGP2レースで勝利してモナコに日の丸を揚げた松下信治
Pascal Wehrlein, Sauber C36, Marcus Ericsson, Sauber C36, Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB13
Nobuharu Matsushita, ART Grand Prix
Nobuharu Matsushita, ART Grand Prix
Nobuharu Matsushita, ART Grand Prix, Alexander Albon, ART Grand Prix, Jack Aitken ART Grand Prix, Nirei Fukuzumi, ART Grand Prix, George Russell, ART Grand Prix, Anthoine Hubert, ART Grand Prix

 F2参戦中の松下信治が、ハンガリーGP後のインシーズンテストで、ザウバーF1マシンを走らせることが発表された。松下はこれがF1初テストとなる。

 松下は2日間にわたって行われるテストのうち2日目を担当。初日には、同じくF2に参戦しているグスタフ・マルヤがドライブすることになる。

 ザウバーのマシンを走らせる松下だが、ザウバーは2018年のパワーユニットをどのメーカーのモノにするのか、再検討していると言われている。

 ザウバーは、ホンダと来季のパワーユニット供給契約について合意したと発表していた。しかし、この契約は最終的に締結されていなかったと言われている。しかもこの契約をまとめた当時のチーム代表であったモニシャ・カルテンボーンがチームを去ったため、最終的にホンダを使うのか、それとも他のパワーユニットを使うことを選ぶのか、その判断に注目が集まっていた。

 松下が今回走るということにより、ザウバーが来季ホンダ製パワーユニットを使う可能性が、完全に排除されたものではないと考えることもできる。しかし一方で、ザウバーの新しいチーム代表に就任したフレデリック・バスールは、ARTグランプリを運営しており、松下はそのチームの所属ドライバーでもある。

 松下の起用について、バスールは次のように語った。

「ノブハルにこの素晴らしい機会を与えることができて、嬉しく思っている。彼はF1マシンを初めて経験するに値するドライバーだ」

「ARTグランプリでのF2デビュー以来、私は彼の成長を身近で注目してきた。そして彼は、毎年自分のパフォーマンスを進歩させてきた。このF1テストで、いつかF1ドライバーになるという彼の夢に、一歩近付くことになる」

 バスールは今月初めにザウバーに加入した直後、ホンダとの関係をどうすべきか、最優先で決めると述べていた。

【関連ニュース】

ハンガリー後テストにクビサ出場? 松下ザウバーで参加予定

ザウバー新代表のバスール、ホンダPUへの”対処”が最初の仕事?

ザウバー、ホンダとの来季契約を解除? 複数の情報筋が証言

ザウバー、カルテンボーン離脱を発表も、ドライバーは平等と反論

松下信治、マクラーレン・ホンダのテスト兼開発ドライバーを継続

次の F1 ニュース
【F1】クビサのハンガリーテスト参加が決定。最新マシンをドライブ

前の記事

【F1】クビサのハンガリーテスト参加が決定。最新マシンをドライブ

次の記事

【F1】FIA、イタリアGPよりエンジンオイルの消費量を制限

【F1】FIA、イタリアGPよりエンジンオイルの消費量を制限
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー 松下 信治
チーム ザウバー
執筆者 Jonathan Noble
記事タイプ 速報ニュース