【F1】歴史上最も人気のあるF1マシンはマクラーレンMP4/4に決定!

英国オートスポーツが「最も人気のあるF1マシン」に関するファン投票を実施し、見事マクラーレンMP4/4が”優勝”を果たした。

 英国のオートスポーツはF1の夏休み期間中に”W杯スタイル”の「最も人気のあるマシン」に関するファン投票を行った。その結果、1988年のマクラーレンMP4/4・ホンダが、歴史上最も人気の高いマシンだと認定された。

 このファン投票は水曜日に終了。マクラーレンMP4/4は、ウイリアムズFW14B・ルノー(1992年)、ジョーダン191・フォード(1991年)、マクラーレンMP4-20・メルセデス(2005年)によって争われた最終決戦の結果、35%の票を集め、見事首位に立った。次点はウイリアムズFW14Bで27%、3位はジョーダン191で20%、マクラーレンMP4-20は4位だった。

 この投票は英国オートスポーツ編集部とSNSによって選ばれた148台のマシンがエントリー。ここから上位32台が選出され、4台ごとのグループに分けて投票。各グループで1位になったマシンが、準決勝に進出した。その後、準決勝各組の上位2台ずつが、決勝投票に駒を進めた。

 最初の準決勝では、マクラーレンMP4/4が圧勝。ウイリアムズFW14BはブラウンGP BGP001(2009年)と激しく競り合ったが、なんとか2位の座を確保した。ウイリアムズFW15C(1993年)は大きく引き離された4位だった。

 続く2戦目の準決勝では、マクラーレンMP4-20とジョーダン191が、1990年と1995年のフェラーリを撃破し、決勝に進んだ。

 このイベントには、合計3万票近くが集まった。

【関連ニュース】

現在のパワーユニットは”安価”だと主張するメルセデス代表

アジアでさらなるF1公道レース開催計画が進行中!?

ホンダ、イルモアと提携で前進? マクラーレンとの契約も継続か

フォルクスワーゲン「F1はコスト過多。危険な道を歩んでいる」

片山右京「ヴェンチュリLC92は改めて”美しいクルマ”だと思った」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Alain Prost , Ayrton Senna
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース