【F1】終盤トラブルのベッテル「僕もキミも、突然タイヤがパンクした」

シェア
コメント
【F1】終盤トラブルのベッテル「僕もキミも、突然タイヤがパンクした」
Charles Bradley
執筆: Charles Bradley
2017/07/16 15:17

ベッテルは、自身もライコネンも突然左のフロントタイヤのパンクに見舞われたのだと話した。

Sebastian Vettel, Ferrari SF70H, exits the pits from his first stop
Sebastian Vettel, Ferrari SF70H and Max Verstappen, Red Bull Racing RB13
Sebastian Vettel, Ferrari SF70H and Max Verstappen, Red Bull Racing RB13
Max Verstappen, Red Bull Racing RB13 and Sebastian Vettel, Ferrari SF70H
Sebastian Vettel, Ferrari SF70H, runs off the road with a front puncture
Kimi Raikkonen, Ferrari SF70H, with a front puncture

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、レース終盤にタイヤのパンクに見舞われたが、”大惨事”ではなかったと語った。

 イギリスGPの50周目、ベッテルの左のフロントタイヤがパンクしたが、彼はなんとか7位でレースを終えることができた。

 マックス・フェルスタッペン(レッドブル)をアンダーカットするためのピットストップは早すぎたのではないか、フェラーリに責任があるのかどうかとSky Sports F1に尋ねられたベッテルは、こう答えた。

「誰かが非難されるべきだとは思わない」

「後から何かを言うのは簡単だ。でも今は、僕は大丈夫だ。キミ(ライコネン)にも似たような問題が起きたと思うけど、彼のタイヤは、少なくとも僕より5周か6周新しいものだった。僕たちはふたりとも突然ああなったんだ」

「もちろん、もう少し良い結果になっていたはずだった。でも大惨事だったとは思っていない。僕たちには良いマシンがあるし、特にコーナーでは良かった。バランスも問題なかった」

「スタートの時にブレーキから火が出ていて、そのせいでスタートも危うくて、そこから厳しいレースだった」

「マックスをパスできなかったけど、ピットストップで逆転できて、3番手か4番手を走っていた。バルテリ(ボッタス/メルセデス)が迫ってくるのは明らかだったけど、僕はスタートで問題があったから、彼はそこでも恩恵を受けたんだろう」

「全体としては小さなことだったけど、午後は忙しくなったね」

 シーズンの折り返し地点を迎え、ベッテルのルイス・ハミルトン(メルセデス)に対するドライバーズランキングでのリードは、イギリスGPを終えた段階でわずか1ポイントとなった。

【関連ニュース】

イギリス決勝:ハミルトン完勝。フェラーリに終盤トラブル続発

ベッテル、ポールのハミルトンに白旗「勝つチャンスなかった」

ベッテル、”シールド”テストを中断。「めまいがした」と低評価

グロージャン「タイトル争いはペナルティをも左右する」と示唆

アロンソ、ロンドンF1イベントに感銘「今度も開催して欲しい」

次の F1 ニュース
【F1】イギリス決勝:ハミルトン完勝。フェラーリに終盤トラブル続発

前の記事

【F1】イギリス決勝:ハミルトン完勝。フェラーリに終盤トラブル続発

次の記事

【F1】ピレリ、フェラーリ襲った2つのトラブルは「全く別物」と分析

【F1】ピレリ、フェラーリ襲った2つのトラブルは「全く別物」と分析
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント イギリスGP
ロケーション シルバーストン
ドライバー セバスチャン ベッテル 発売中
チーム フェラーリ 発売中
執筆者 Charles Bradley
記事タイプ 速報ニュース