【F1】自信深めたレッドブル。リカルド「あと少しでフェラーリに…」

レッドブルのリカルドとフェルスタッペンは、スペインGP初日を終え、マシンに施されたアップデートによりフェラーリとの差を縮められたと語った。

 レッドブルのダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペンは、スペインGP初日のセッションを終えて、チームがマシンに施したアップデートにより、フェラーリとの差を縮めることができたと考えているようだ。

 レッドブルは開幕前にメルセデスの4連覇を止める有力候補と考えられていたが、予想に反して低調なスタートを切った。メルセデスとフェラーリが繰り広げている優勝争いに絡むことができず、”それ以外”のトップ、つまり3番目のチームに甘んじていたのだ。

 メルセデスやフェラーリと比べて、ルノー製パワーユニットは未だある程度性能の面で劣っているが、レッドブルはバルセロナに持ち込まれた空力アップデートにより、顕著な改善を期待していた。

 スペインGPの初日、フェルスタッペンが記録したレッドブルのベストタイムは、最速タイムを記録したルイス・ハミルトン(メルセデス)から0.636秒遅れ、キミ・ライコネン(フェラーリ)からは0.3秒ほどしか遅れていなかった。

「僕は、少し満足できるようになったと思うけど、まだマシンとエンジンの面でペースを上げるために、まださらに努力していく必要がある」とフェルスタッペンは走行後に語った。

「僕たちは、素晴らしい前進をし、フェラーリに少し近づいた。だけど、メルセデスも同様に非常に良いアップデート・パッケージも持ち込んでいると思う。だから、彼らはまだ前にいるんだ」

 フェルスタッペンは、さらに次のように付け加えた。

「進歩するというのは常に良いことだし、僕たちは今日それを果たした。僕たちは間違いなく少しグリップを得ることができたし、それは常にポジティブなことだ」

 チームメイトから0.1秒遅れだったリカルドも、レッドブルの競争力について同様の評価を下した。

「僕たちはいくらか進歩を遂げたが、今回のアップデートによりメルセデスに追いつけるとは思っていなかった」とリカルドは語った。

「僕は、アップデートをさらに完璧にすることができると思っているし、もうコンマ数秒引き出すことができると思う」

「言うまでもなく僕たちはもっと多くを望んでいるが、僕たちは自分たちが予測していたラインに乗っている」

 リカルドは、ミディアムタイヤよりもソフトタイヤの方がマシンのパフォーマンスは良いが、予選でフェラーリに挑戦するためには、アップデートからさらにパフォーマンスを引き出す必要があると考えているようだ。

「ミディアムタイヤを履いたFP2の序盤は苦労していたが、ソフトタイヤではかなり良かった。僕たちは前に近づいているけど、もう少し改善が必要だと感じるので、微調整を続ける必要がある」

「フェラーリを見ると、そんなに彼らと離れているわけではない。だけど、予選で彼らに強い印象を与えるなら、明日は改善が必要だと思う」

Additional reporting by Jonathan Noble

【関連ニュース】

【F1】初日苦戦のベッテル「遅れは自分の問題。アップデートには満足」

【F1】スペインGP FP2:ハミルトンが首位。メルセデス再び1−2

【F1】スペインGP FP1:メルセデス1-2。フェラーリは1秒遅れ

【F1】メルセデス、スペインGPに大規模なアップデートを投入

【F1】レッドブル新パーツ投入も、リカルド「期待しすぎないように」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 スペインGP
サーキット サーキット・デ・カタルニア
ドライバー ダニエル リカルド , マックス フェルスタッペン
チーム フェラーリ , レッドブル
記事タイプ 速報ニュース