【F1】鈴鹿、日本GPチケット3月12日から発売。シート幅拡大で快適に

鈴鹿サーキットは、2017年日本GPのチケット発売日を発表した。同時に、観戦環境の改善にも取り組んでいるようだ。

 今年の日本GPも、10月6日(金)から8日(日)に鈴鹿サーキットで開催される。今年の開催で、鈴鹿サーキットでの日本GPは29回目となる。2017年のF1は、レギュレーションの改正によりマシンが一新されることもあり、ファンにとっては必見の日本GPとなること請け合いである。

 鈴鹿サーキットは、チケットの発売を3月から開始することを発表した。そして、観戦環境の改善にも力を入れているという。その一環として、鈴鹿サーキットは全指定席のベンチシート席幅を2016年の約1.2倍に拡大(45cm→55cm)。より快適に観戦出来るようになりそうだ。

 また、チケットのインターネット販売システムがリニューアルし、指定席の座席選択が可能になるという。座席指定は、発売初日の15時以降に可能になる。駐車場などのオプション購入が可能になり、スマートフォンでより見やすい画面表示に変更されるなど多くの工夫が凝らされているようだ。

 さらに、メインゲートに近く便利なA1席・R席がファミリー推奨となり、この席の子ども料金が6200円から3000円に改定される。

 鈴鹿サーキットを運営する株式会社モビリティランドの取締役社長の山下晋は、リリースの中で次のように語っている。

29回目の開催となる鈴鹿サーキットでの日本グランプリレースは、昨年に引き続き『THE 1 AND ONLY』をテーマに、独創的なレイアウトのコースが生み出すドラマチックなレース展開、鈴鹿ならではのイベントへの驚き、地域の皆様と一体となったおもてなし、そして、会場全体がひとつになって盛り上がることのできる観戦環境をご用意し、F1シリーズの中でも鈴鹿サーキットだけで体感できる特別なグラ ンプリとして、世界中のファンからより一層愛される“SUZUKA”の実現に取り組んで参ります

大会期間中は全ドライバーが参加するサイン会やトークショーをはじめとする鈴鹿サーキット オリジナルのイベントの数々で、ご来場いただくお客様に、楽しさと感動をお持ち帰りいただける特別なエンタテインメントとして作り上げて参ります。我々は主催者として、F1日本グランプリが持つ特別な価値を高め、その魅 力を世界中にお伝えし、世界中から多くのファンの皆様にお越しいただけるよう努力を続けて参ります

<チケット販売スケジュール>

312日(日)1000 

発売券種:企画チケット(応援席、カメラマンエリア、ファミリーシート、レディースシート)

319日(日)1000

発売券種:指定席(V席、A席、B席、C席)

326日(日)1000

発売券種:指定席(D席、E席、I席、Q席、R席、アウトレット席)

79日(日)1000

発売券種:西エリアチケット、金曜日券

<販売窓口>

  1. 鈴鹿サーキット インターネット販売<鈴鹿F1チケットサイト>
  2. プレイガイド 
  3. コンビニエンスストア(ローソン・ミニストップ)
  4. 電話による通信販売

  <ローソンチケット> ・オペレーター予約 TEL:0570-000-732(10:00~20:00)

  ※LコードはローチケHMVにて後日案内予定。 

【関連ニュース】

【F1】F1復帰のマッサ、鈴鹿ファン感出演は未確定も、前向きに調整中?

【F1】メルセデス、ボッタス”移籍”の対価としてウイリアムズに経済支援

【F1】FIA、2017年F1マシンに対応した安全対策をサーキットに要求

【F1】フェリペ・マッサQ&A「ウイリアムズだからこそ復帰を決意した」

【F1】戦慄のアロンソ大クラッシュ、ハロがあったらどうなっていた?

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース