【F1】開幕前に急転。ルノーチーム代表の離脱が発表

ルノーF1チームの代表を務めていたフレデリック・バスールが、チームを離脱することが分かった。

 ルノーのチーム代表だったフレデリック・バスールが、2017年シーズン開幕直前にチームを離れることになった。

 ARTの代表を務めた後、昨シーズンの開幕と同時にルノーF1チームに加わったフレデリック・バスール。彼は加入以来、再びワークスチームとなったルノーの組織再編に着手していた。

 ルノーとしての復帰最初のシーズンは概ね苦戦を強いられたが、マネージングディレクターのシリル・アビテブールと共にリストラと新規スタッフの雇用を行い、最終的にはポイントを獲得できるまでチームを前進させることに成功。シーズン途中からバスールはチーム代表となり、アビテブールはファクトリーの担当となり、作業を手助けする役割を担った。

 しかしバスールは、チームの方向性についてマネージメント陣と意見の相違があったようで、もはや自分の居場所はないと感じていたようだ。そのため、今回の決断に至ったものとみられる。

「F1チームとしての再スタートと再構築に最初の1年を費やした後、ルノー・スポール・レーシングとフレデリック・バスールは、双方の合意に基づき、別々の道を歩むことになった。この合意は、本日より有効である」

 そうチームは声明で明らかにした。

「双方ともに、良好な関係を維持していくことを約束している。彼らはそれを楽しみにしており、将来これが新しい形になることを期待している」

【関連ニュース】

ルノー、2017年マシンの発表日を公表

マグヌッセン「ハースにはルノーよりも可能性がある」

ルノー「パワーユニット一新は、タイトルを獲得するための選択」

ヒュルケンベルグ「ルノーの成長には時間がかかる」

パーマー「ルノーは2017年、最も大きな進歩を遂げるだろう」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム ルノーF1チーム
記事タイプ 速報ニュース