ルノーF1、サッカー”リーガ・エスパニョーラ”をパートナーに

シェア
コメント
ルノーF1、サッカー”リーガ・エスパニョーラ”をパートナーに
Valentin Khorounzhiy
執筆: Valentin Khorounzhiy , News Editor
2018/02/23 2:37

ルノーF1チームは、スペインのサッカープロリーグであるリーガ・エスパニョーラをパートナーシップ契約を締結したことを発表した。

 ワークス体制復活後3年目のシーズンを迎えるルノーF1チームは、スペインのサッカープロリーグであるリーガ・エスパニョーラ(ラ・リーガ)とパートナーシップ契約を締結したことを明らかにした。

 このパートナーシップにより、同リーグのロゴが、ルノーR.S.18とふたりのドライバーのレーシングスーツに貼られることになる。特にカルロス・サインツJr.は、リーガ・エスパニョーラの中でもトップチームである、レアル・マドリードのファンであることを公言している。

「世界最高のサッカーリーグのひとつであるリーガ・エスパニョーラと、このようなエキサイティングでユニークなパートナーシップを締結したことを発表でき、とても満足している」

 ルノーのパートナーシップ部門責任者であるアントワーヌ・マグナンはそう語った。

「世界中に広げていくということについて、ルノー・スポールF1チームとリーガ・エスパニョーラには、多くの共通の目標がある」

「F1とリーガ・エスパニョーラを年間を通じて繋げ、そして我々両者のファンを引きつけることで、今後のエキサイティングな活動に向けたきっかけとなるはずだ」

 リーガ・エスパニョーラは、前述の通り世界で最も人気の高いサッカーリーグのひとつである。そして、スペインの金融大手であるサンタンデールからの絶大な支援を受けている。サンタンデールは長年にわたってF1にもスポンサードを行ってきたが、昨年限りで撤退している。

 リーガ・エスパニョーラのブランド担当ディレクターであるエンリケ・モレノは、次のように語った。

「我々は国際的なブランドの存在感を生み出し、”サッカーではない。ラ・リーガだ”というブランドの立ち位置をサポートしてくれる、革新的なアイデアを探している」

「モータースポーツ、中でも特にF1は、この戦略に完全に一致している。F1ファンの多くは、サッカーファンになる可能性を秘めている」

「この新しい関係は、リーガ・エスパニョーラのファンをさらに増やし、我々のブランドに対する意識を高めるように”デザイン”されている」

 ちなみにルノーとリーガ・エスパニョーラの契約は、モータースポーツとサッカーが手を結んだ最初の事例ではない。最近では、イギリス・プレミアリーグのサッカーチーム”チェルシー”とザウバーが、パートナーシップ契約を締結したこともある。また、いくつかのグランプリ開催前には、F1ドライバーらが参加するサッカーチャリティマッチが開催されたり、ニコ・ロズベルグのようにサッカーのリフティングをドライブ前のウォーミングアップに採用していたドライバーもいた。また日本でF1をライブ配信しているDAZNも、国内外のサッカー中継に注力している。

次の F1 ニュース

この記事について

シリーズ F1
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Valentin Khorounzhiy
記事タイプ 速報ニュース