【F1】2017年を慎重に捉えるレッドブル「ルノーPUの開発に依存している」

レッドブルのクリスチャン・ホーナーは、2016年のチームの躍進に勇気付けられた一方、2017年に向けて慎重な姿勢を見せている。

 新たなレギュレーションがスタートする2017年シーズン、メルセデスの主な挑戦者はレッドブルになると考えられている。

 しかし、レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは慎重な姿勢を見せており、ルノーが2017年シーズンに向けて開発している新たなパワーユニットの性能にレッドブルは大きく依存していると考えている。

「彼ら(ルノー)はとても懸命に働いている」とホーナーは語った。

「去年の冬にルノーが果たしたようなパフォーマンス向上が今年の冬も起きて、レギュレーションが安定していれば、パワーユニット(の出力)が収束し始めるだろうと期待している」

「また、シャーシがパッケージ内で大きな役割を果たすことができれば、マシンのバランスを良くするのに少しでも役立つだろう」

「しかし他のチームの動向がわからないため、全て仮説に過ぎない。我々にできることは、最高の仕事をするために今集中し、(開幕戦の)メルボルンで他のチームのパフォーマンスを心配することだけだ」

 ホーナーはあまり期待をせずに昨シーズンに臨んだと語ったが、レッドブルが2016年に果たした進歩により、コンストラクターズチャンピオンシップ2位を獲得することができ、勇気付けられている。

「シーズン前の我々の期待は非常に低いものであり、トップ5に入れるかどうかがコンストラクターズチャンピオンシップの課題になると考えていた」

「しかし、昨シーズンはコンストラクターズチャンピオンシップ2位、ドライバーズチャンピオンシップ3位、モンテカルロでのポールポジション、16回の表彰台、(ダニエル・)リカルド(レッドブル)がシーズンのレースラップを完走した。100%の信頼性で、12ヵ月前に比べると(レッドブルは)大きな進歩を遂げている」

「2017年に大きなレギュレーション変更があり、何が起こるかは誰にもわからない。しかし、2016年シーズンで我々はたくさんの恩恵を受け、ポジティブな気持ちになることができている」

【関連ニュース】

リカルド「新マシン対策のトレーニングを楽しみにしている」

トロロッソ、1ヶ月間24時間体勢のフル回転でマシン制作へ

期待の来季を前に冷静なリカルド「騙されちゃいけない。来年もメルセデスは強い」

パーマー「冬にジムをサボっていたドライバーはすぐに”バレる”」

【F1分析】”気流の流れ”が一変!? 2017年空力規則を解析

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ダニエル リカルド , マックス フェルスタッペン
チーム レッドブル
記事タイプ 速報ニュース