【F1】2018年タイヤのコンパウンドはよりソフト寄りに? ピレリが計画

ピレリとF1ドライバーは、スペインGPの週末に協議し、タイヤの今後の方向性について意見を出し合ったという。

【F1】2018年タイヤのコンパウンドはよりソフト寄りに? ピレリが計画
Pirelli tyres
Marco Tronchetti Provera, Executive Vice Chairman and Chief Executive Officer, Pirelli, with Mario Isola, Racing Manager, Pirelli Motorsport
Pirelli tyres in the paddock
Pirelli tyres
Pirelli tyres

 スペインGPの金曜日、ドライバーらとピレリのレーシングマネージャーであるマリオ・イゾラは、2017年用タイヤについて協議を行った。

 主な議題のひとつとして、ドライバーたちはピレリに対し、今後のレースでハードタイヤを持ち込みたくないという要望を伝えた。また彼らは、2018年用タイヤの方向性についても議論し合ったという。

 イゾラは、その協議がボジティブなものであったこと、また今季のマシンはダウンフォースレベルが上がっているため、タイヤ選択においてピレリがあまりにも保守的になっていたという点で、意見が一致したことを明らかにした。

 イゾラは、motorsport.comに次のように語った。

「今回は非常に興味深い話を聞くことができた。我々は新しいタイヤの方向性を定めるため、また彼らがピレリタイヤの将来についてどのように考えているのか理解するためにドライバーと会談を行ったのだ」

「非常にポジティブな協議だったと言わざるを得ないだろう。我々はまた、ただタイヤのことを語るだけでなく、様々なアイデアを交換した。また今回の協議にはほとんどのドライバーが参加した。時折、このような協議を積極的に参加しないドライバーもいる。しかし、トップドライバーたちは面白いアイデアを明かしてくれた」

 イゾラは2018年の計画を定めるのに、開発計画を定める期間が早すぎることを指摘した。また、来季のピレリは多くの分野において開発が進んでいるため、コンパウンドをさらに柔らかくすることができる可能性があると彼は予想している。

「一般的に考えれば、我々が成し遂げようとしていることは、かなり困難なことだと言えるだろう。しかし、現代のマシンの発展スピードは著しい。だから将来的な方向性を決定する前に、もう少し待つべきだと思う」

「我々は、9月1日までにタイヤ構造を固め、12月1日までにコンパウンドを決めなければならない。よって、現在我々は、構造とコンパウンド両方の作業を進めている」

「とは言っても、現在もっとも注力しているのはタイヤの構造だ。それを決定した後、新しいコンパウンドの開発に取り掛かる」

「しかし、最終決定が出せるのは今季の後半だろう。おそらくスパや鈴鹿、セパンの時期だ」

 イゾラは、2018年用タイヤの開発において重要な目標のひとつは、それぞれのコンパウンドの間にある性能差を、限りなく均一にすることだと明らかにした。

「来年のために、我々はミディアムタイヤの性質をソフト寄りにするだろう。そしてハードタイヤも、より柔らかいコンパウンドに改良する。我々はコンパウンドの領域を移動させる必要があるのだ」

【関連ニュース】

【F1】ピレリ、イギリスGPへのハードタイヤ投入を断念「硬すぎる」

【F1】ピレリ、シルバーストンへのハードタイヤ持ち込みを中止か?

【F1】モナコGPのタイヤ選択リスト発表。ウルトラソフトタイヤが中心

【F1】ピレリ、フェラーリSF15-Tで来季雨用タイヤをテストすると発表

【F1】ピレリ、タイヤ改善に自信「性能劣化もレースを面白くする要素」

シェア
コメント
【F1】バトン「”大幅”アップグレードにより、モナコで成功できる」

前の記事

【F1】バトン「”大幅”アップグレードにより、モナコで成功できる」

次の記事

【F1】バンドーン、バトンを擁護「テストしてなくても彼は問題ない」

【F1】バンドーン、バトンを擁護「テストしてなくても彼は問題ない」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Jonathan Noble