F1アブダビFP1:首位発進のボッタスにフェルスタッペン続く。ハース勢が好タイム

F1アブダビGPのフリー走行1回目はメルセデスのバルテリ・ボッタスがトップタイムを記録した。

F1アブダビFP1:首位発進のボッタスにフェルスタッペン続く。ハース勢が好タイム

 F1最終戦アブダビGPのフリー走行1回目が行なわれ、バルテリ・ボッタス(メルセデス)がトップタイムをマークした。

 決勝は夕暮れ時にスタートする“トワイライトレース”となるアブダビGPだが、FP1は日中のセッション。気温25℃、路面温度35℃というコンディションで90分間の走行がスタートした。

 セッションが始まると、各車がインスタレーションラップへと向かった。まずはフェラーリの2台はタイムを計測し、セバスチャン・ベッテルが2分06秒031、シャルル・ルクレールが1分40秒298を記録した。

 アレクサンダー・アルボン(レッドブル)とメルセデスの2台は少し遅れてコースイン。ボッタスは1分38秒053をマークし、ルクレールのタイムを2秒以上上回った。ボッタスはその後さらにタイムを更新し、ただひとり1分37秒台に突入した。

 開始30分の段階で、上位陣はボッタス、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)、ルイス・ハミルトン(メルセデス)、ベッテル、ルクレール、アルボンというタイム順に。中団最上位の7番手には今回限りでルノーを離れるニコ・ヒュルケンベルグがつけた。

 1セット目のタイヤ返却時間を迎えようかという頃には、ハミルトンが1分37秒591を記録してトップに。昨年のチャンピオンであり、今季も既にドライバーズタイトルを決めているハミルトンは、フロント部分のカーナンバーを従来の“44”からチャンピオンナンバーの“1”に変更して走行。セッション後半では再び44番に戻した。

 その後、ボッタスはミディアムタイヤでタイム計測に。1分36秒957で再びトップタイムを塗り替え、フェルスタッペンがそれに続いた。このタイムは、昨年のQ1タイム(1分36秒775)に匹敵するものだ。

 そんな中、ダニエル・リカルド(ルノー)が最終コーナー手前で激しく煙を吹き、マシンをストップさせた。コース上に大量のオイルが撒かれる格好となり、セッションは30分を残して赤旗中断となった。チームの発表によると、リカルドが使用していたのは、走行距離を重ねたいわゆる“金曜日用”のパワーユニットだったようだ。その直後を走っていたトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、オイルの直撃を受ける格好となった。

 約10分間にわたるオイルの処理が終わり、残り18分という頃からセッション再開。多くのドライバーが中断前に使用していたタイヤで再び周回を重ねていった。

 しかし残り2分、ベッテルがターン19でスピン。左リヤタイヤをウォールに激しくヒットさせてしまい、コース上に止まってしまった。これにより、セッションは2度目の赤旗中断となり、そのまま終了することとなった。

 結果的にトップタイムはボッタスとなった。ただ彼はパワーユニット交換により決勝をグリッド後方からスタートすることが確定している。そこにフェルスタッペン、ハミルトン、アルボン、ベッテルが続いた。

 中団勢で好タイムを記録したのはハース勢。プレシーズンテスト仕様のフロアを持ち込んでいる彼らだが、ルクレールを挟んでロマン・グロージャンが6番手、ケビン・マグヌッセンが8番手につけた。

 なお、トロロッソ・ホンダはダニール・クビアトが15番手、ガスリーが16番手に終わった。

【リザルト】F1最終戦アブダビGP:フリー走行1回目タイム結果

順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Finland バルテリ ボッタス 23 1'36.957     206.219
2 Netherlands マックス フェルスタッペン 22 1'37.492 0.535 0.535 205.087
3 United Kingdom ルイス ハミルトン 20 1'37.591 0.634 0.099 204.879
4 Thailand アレクサンダー アルボン 23 1'38.084 1.127 0.493 203.849
5 Germany セバスチャン ベッテル 19 1'38.906 1.949 0.822 202.155
6 France ロマン グロージャン 18 1'39.146 2.189 0.240 201.666
7 Monaco シャルル ルクレール 18 1'39.249 2.292 0.103 201.456
8 Denmark ケビン マグヌッセン 19 1'39.350 2.393 0.101 201.252
9 Italy アントニオ ジョビナッツィ 20 1'39.423 2.466 0.073 201.104
10 Germany ニコ ヒュルケンベルグ 22 1'39.505 2.548 0.082 200.938
シェア
コメント
マクラーレン、BATとの提携を強化。2020年は“特別な”カラーリングに?

前の記事

マクラーレン、BATとの提携を強化。2020年は“特別な”カラーリングに?

次の記事

F1アブダビFP2速報:ボッタストップタイム。レッドブル・ホンダは5、6番手

F1アブダビFP2速報:ボッタストップタイム。レッドブル・ホンダは5、6番手
コメントを読み込む