F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
56 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
70 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
84 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
98 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
105 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
119 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
133 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
140 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
154 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
161 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
175 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
189 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
217 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
224 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
238 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
245 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
259 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
273 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
280 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
294 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
308 days

「僕たちにとって重要なレース」ガスリー、アブダビで熾烈なランキング争いに挑む

シェア
コメント
「僕たちにとって重要なレース」ガスリー、アブダビで熾烈なランキング争いに挑む
2019/11/29 5:23

トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが、F1最終戦アブダビGPに向けての意気込みをプレスリリースに寄せた。

 ピエール・ガスリーにとって、2019年は激動のシーズンとなった。ダニエル・リカルドの後釜としてレッドブルへの昇格を果たしたが、思うようにパフォーマンスを発揮できず、第13戦ベルギーGPからは古巣のトロロッソに戻される形となった。

 しかしそこからのガスリーは自身のポテンシャルを最大限に発揮し、コンスタントに入賞を重ねた。そして第20戦ブラジルGPでは、上位陣が次々と脱落する波乱の展開の中で2位に入り、キャリア初表彰台を成し遂げた。

 最終戦アブダビGPでは、ドライバーズランキング6位をかけた争いが激しくなるものと予想される。現在はガスリーとカルロス・サインツJr.(マクラーレン)が95ポイントで並んでおり、ベストリザルトの差でガスリーが6番手、サインツJr.が7番手となっている。そしてふたりと11ポイント差の8番手につけているのが、第13戦ベルギーGPからガスリーに代わってレッドブルに昇格したアレクサンダー・アルボンという状況だ。

 さらにトロロッソは、コンストラクターズランキング5番手のルノーを8ポイント差で追っている。仮にトロロッソがルノーを逆転してコンストラクターズ5位となれば、チーム創設以来最高成績となる。

 ガスリーはアブダビGPが自身とチームにとって重要なレースになると考えており、ホンダのプレスリリースに次のようにコメントした。

「シーズン最後のレースなので、特別な週末になります。僕たちトロロッソにとっては、コンストラクターズ選手権でひとつでも上の順位を手に入れるために、とても重要な戦いですし、僕自身も、ドライバーズランキングでトップ3チーム以外での最上位を目指します。僕たち自身のプライドのため、そして選手権上位になって今季ここまでの向上と来シーズンに向けてのパフォーマンスレベルを示すためにも、いい形でシーズンを終えたいと思います」

「今週末のランキングをかけた戦いはエキサイティングなものになると思いますが、フランツ(トスト代表)にとっては、“エキサイティング”では表せないほどの感情が沸き起こるでしょうね!」

「これが終われば3~4カ月レースをしなくなるので、最終戦はいつも少し寂しい気持ちになります。日曜の夜にはシーズンが終わったんだという実感が沸いてくると思います」

「このヤス・マリーナでは、GP2時代に優勝経験がありますが、F1ではあまりいい結果を残せていません。ただ、コースは好きで、特にテクニカルな最終セクターを気に入っていて、流れるようなリズムで走る感じが好きです。また、寒いヨーロッパから来るので、ここの温暖な気候もうれしいです」

「そして、GP2のタイトルを決めた思い出の場所でもあります。もちろん、夜にレースが行なわれるので、コクピット内は少し涼しいですし、同じナイトレースでもシンガポールほど過酷ではありません。レースは厳しい戦いとなりますし、コンディションは一定しないので、マシンをうまくコントロールしなければなりませんが、それもまた楽しみです」

「日曜の決勝では何が起きてもおかしくありません。今季の成績には満足していて、特に中盤でトロロッソに戻ってきてからの走り、そしてブラジルでの2位で初めて上ったF1の表彰台はきっと忘れないでしょう」

「ただ、レースをしない時間も楽しみにしているんです。クリスマスの時期には、フランスで友人や家族と過ごす予定です。今年は忙しくてなかなか彼らに会う時間が取れませんでした。それが終われば、米国で行なわれるレッドブルのトレーニングキャンプに参加して、ハードに鍛えて、来季の準備を進めます。冬休みを楽しむためにも、最終戦で好結果を残さなければなりません。アブダビに向けて全力で取り組みます」

Read Also:

次の記事
悔しいはずなのに……でも笑顔。「ノリスは“本当の紳士”」とサインツJr.が称賛

前の記事

悔しいはずなのに……でも笑顔。「ノリスは“本当の紳士”」とサインツJr.が称賛

次の記事

今年の3勝が、ホンダのF1への”疑問”を取り去った? フェルスタッペン安堵

今年の3勝が、ホンダのF1への”疑問”を取り去った? フェルスタッペン安堵
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第21戦アブダビGP
ドライバー ピエール ガスリー
チーム トロロッソ・ホンダ 発売中