F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
50 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
64 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
78 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
92 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
99 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
113 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
127 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
134 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
148 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
155 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
169 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
183 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
211 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
218 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
232 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
239 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
253 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
267 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
274 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
288 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
302 days

F1タイヤテスト2日目:”メルセデス”のラッセルが首位。ルクレールがクラッシュ

シェア
コメント
F1タイヤテスト2日目:”メルセデス”のラッセルが首位。ルクレールがクラッシュ
2019/12/04 23:51

F1タイヤテストの2日目がアブダビのヤス・マリーナ・サーキットで行われ、メルセデスのマシンを走らせたジョージ・ラッセルがトップタイムを記録した。

 アブダビのヤス・マリーナ・サーキットで行なわれているF1タイヤテスト。その2日目(最終日)にトップタイムを記録したのは、メルセデスのマシンを駆ったジョージ・ラッセルだった。タイムは1分37秒204だった。

 ハミルトンがプロモーションに参加するためにテストを欠席したことで、メルセデスのマシンをドライブするチャンスが訪れたラッセル。彼が今回記録したトップタイムは、テスト初日にメルセデスのレギュラードライバーであるバルテリ・ボッタスが記録したトップタイム、1分37秒124から0.080秒遅れというものだった。ただ、メルセデスは今回のテストでラッセルの実力を測る意図はないと主張している。

 2番手につけたのはシャルル・ルクレール(フェラーリ)だったが、午後のセッションの終盤にターン14でクラッシュ。赤旗の原因となってしまった。テスト初日にもチームメイトのセバスチャン・ベッテルがセルジオ・ペレス(レーシングポイント)と接触してスピンを喫したが、それよりも大きなダメージを負った形となった。

 それにもかかわらずルクレールは今回のセッションがポジティブなものだと振り返り、有益なテストになったとコメントした。

 3番手にはランス・ストロール(レーシングポイント)、4番手にはトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが入り、そこにカルロス・サインツJr.(マクラーレン)が続いた。

 2020年にF1復帰を果たすエステバン・オコンは初日に続いてルノーR.S.19のステアリングを握り、6番手タイムを記録した。

 レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンは1分39秒181で7番手。周回数はガスリーの146周、ラッセルの145周に続いて3番目に多い139周を記録した。

 8番手はハースのピエトロ・フィッティパルディ、9番手はアントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)、そして10番手、11番手にはウイリアムズのふたりが続いた。10番手のニコラス・ラティフィは同チームから2020年に参戦することが決定している。イスラエル人ドライバーのロイ・ニッサニーは、そのラティフィから4秒近く遅いタイムで11番手だった。

 なお、今回のテストは2019年仕様のタイヤと2020年仕様のタイヤの比較が主な目的となっている。初日を終えた段階でハースのロマン・グロージャンは、2020年仕様のタイヤが望んでいたレベルではないと語っており、テスト後の投票結果次第では2019年仕様のタイヤが来季も継続使用される可能性がある。

■F1アブダビタイヤテスト2日目タイム結果
1. ジョージ・ラッセル(メルセデス)1'37''204 145Laps
2. シャルル・ルクレール(フェラーリ)1'37''401 103Laps
3. ランス・ストロール(レーシングポイント)1'37''999 132Laps
4. ピエール・ガスリー(トロロッソ)1'38''166 146Laps
5. カルロス・サインツJr.(マクラーレン)1'38''729 112Laps
6. エステバン・オコン(ルノー)1'38''950 128Laps
7. アレクサンダー・アルボン(レッドブル)1'39''181 139Laps
8. ピエトロ・フィッティパルディ(ハース)1'39''682 135Laps
9. アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)1'39''811 115Laps
10. ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)1'40''188 107Laps
11. ロイ・ニッサニー(ウイリアムズ)1'43''892 38Laps

Read Also:

次の記事
「ハミルトンの決定を待つ」メルセデス代表、他ドライバーと先に交渉はせず

前の記事

「ハミルトンの決定を待つ」メルセデス代表、他ドライバーと先に交渉はせず

次の記事

レッドブル、FIAのパワーユニット監視強化を支持「2020年に向けて非常に大事」

レッドブル、FIAのパワーユニット監視強化を支持「2020年に向けて非常に大事」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント アブダビ タイヤテスト