FIA、2019年のF1開催カレンダーを正式承認。全21戦

シェア
コメント
FIA、2019年のF1開催カレンダーを正式承認。全21戦
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
2018/12/06 2:24

FIAは、2019年のF1開催カレンダーを正式承認した。日程は10月に発表された暫定版と同じで、全21戦で行われる。

 FIAは、2019年のF1開催カレンダーを正式に承認した。日程は、10月に発表された暫定版と同じである。

 21戦からなる2019年のF1世界選手権は、3月17日にオーストラリアのメルボルンで開幕。12月1日のアブダビGPで幕を閉じる。

 なお、第3戦に組み込まれている中国GPで、F1は1950年のイギリスGP(ヨーロッパGP/シルバーストン)から数えて、1000回目のレースを迎えることになる。

 また、今季初めて実施された3週連続開催は、避けられることになった。

2019 F1開催カレンダー

決勝日 グランプリ名 開催地
3月17日 オーストラリア メルボルン
3月31日 バーレーン サクヒール
4月14日 中国 上海
4月28日 アゼルバイジャン バクー

5月12日

スペイン バルセロナ
5月26日 モナコ モナコ
6月9日 カナダ モントリオール
6月23日 フランス ポール・リカール
6月30日 オーストリア シュペールベルク
7月14日 イギリス シルバーストン
7月28日 ドイツ ホッケンハイム
8月4日 ハンガリー ブダペスト
9月1日 ベルギー スパ
9月8日 イタリア モンツァ
9月22日 シンガポール シンガポール
9月29日 ロシア ソチ
10月13日 日本 鈴鹿
10月27日 メキシコ メキシコシティ
11月3日 アメリカ オースティン
11月17日 ブラジル インテルラゴス
12月1日 アブダビ ヤス・マリーナ
次の記事
マクラーレン、”Bスペック”マシン製造を問題の原因特定遅れで断念

前の記事

マクラーレン、”Bスペック”マシン製造を問題の原因特定遅れで断念

次の記事

ハッキネン「今は、僕の現役時より大変。日本人ウイナーを出すには、やることがたくさんある」

ハッキネン「今は、僕の現役時より大変。日本人ウイナーを出すには、やることがたくさんある」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Jonathan Noble