F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
09 7月
-
12 7月
イベント 進行中 . . .
R
ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
6 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
21 days
R
F1 70周年記念GP
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
27 days
R
スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
34 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
48 days
R
イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
55 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
76 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
104 days
R
メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
111 days
R
ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
125 days
R
アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
139 days

ホンダPU勢、初日は苦戦。田辺TD「やらなければいけないことがたくさん」

シェア
コメント
ホンダPU勢、初日は苦戦。田辺TD「やらなければいけないことがたくさん」
2019/06/08 5:41

F1カナダGPのフリー走行1回目、2回目を終えて、ホンダの田辺テクニカルディレクターは、やるべきことがたくさんあると語った。

 F1カナダGPが開幕し、フリー走行1回目と2回目が行われた。レッドブル・ホンダはFP1こそマックス・フェルスタッペンが4番手につけたが、ピエール・ガスリーは13番手。FP2ではフェルスタッペンが“チャンピオンズウォール”にフロントタイヤを当ててしまったためタイムを更新できず、2台揃ってトップ10圏外となってしまった。

 またトロロッソ勢も振るわず。アレクサンダー・アルボンはFP1が16番手、FP2が14番手に終わり、ダニール・クビアトもFP1が18番手、FP2が15番手と、軒並み中団の下位に沈んでしまった。

 前戦モナコGPのフリー走行までは、今季ホンダのパワーユニット(PU)を搭載する4台のうち少なくとも2台がトップ10に名を連ねていただけに、不安の残る1日となった。

 ホンダの田辺豊治テクニカルディレクター(TD)は、公式リリースに次のように語った。

「今日はPUとしては4台ともに問題のない1日となりました。ただ、結果から見ると明日の予選、日曜のレースに向けてさらに改善するために、やらなければいけないことがたくさんあると感じています」

「ここからデータをきっちり見直し、さらに戦闘力を上げていければと思います」

「また、このサーキットを最初に訪れてから30年近くが経ちますが、今回のガレージ棟の改修により非常に働きやすい環境になりました。すばらしい仕事をしてくれた主催者の皆さんには感謝をしています」

次の記事
F1ブレーキ、カーボン-セラミック化は近い? ブレンボ「同等の性能達成は可能」

前の記事

F1ブレーキ、カーボン-セラミック化は近い? ブレンボ「同等の性能達成は可能」

次の記事

レッドブルのガスリー、フリー走行は低調も「レースはタイヤ戦略次第」

レッドブルのガスリー、フリー走行は低調も「レースはタイヤ戦略次第」
コメントを読み込む