F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
52 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
59 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
73 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
87 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
101 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
108 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
122 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
136 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
143 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
157 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
164 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
178 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
192 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
220 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
227 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
241 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
248 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
262 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
276 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
283 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
297 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
311 days

「0.5秒は速かったはず……」フェラーリ、”冷や水”浴びたシーズン序盤を振り返る

シェア
コメント
「0.5秒は速かったはず……」フェラーリ、”冷や水”浴びたシーズン序盤を振り返る
執筆:
2019/12/17 23:29

フェラーリは、2019年シーズン最初のF1プレシーズンテストではライバルたちを0.5秒は離していたはずだと振り返った。

 フェラーリのチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、2019年シーズンのF1プレシーズンテスト1回目の段階では、パフォーマンスに大きな自信を持っていたと語り、開幕戦オーストラリアGPを失意の結果で終えるまでは、メルセデスと戦える自信があったと振り返った。

Read Also:

 フェラーリが2019年に向けて用意したマシン『SF90』は、バルセロナで行なわれたプレシーズンテスト1回目に、優れたパフォーマンスを発揮。これにチームとドライバーたちは浮き足立った。

 2回目のプレシーズンテストではメルセデスも速さを見せたが、この時点ではまだフェラーリがアドバンテージを持っているように見えた。

 しかし実際にシーズンがスタートしてみると、メルセデスが開幕戦のオーストラリアGPを支配し、フェラーリは表彰台に立つことすらできなかった。その後、フェラーリ側にミスやトラブルがあったとはいえ、メルセデスが開幕8連勝と5戦連続のワンツーフィニッシュを達成。チャンピオンシップの主導権を完全に掌握した。

 チーム代表のビノットは、プレシーズンテストで得られた期待と楽観が、開幕してから一変してしまったとシーズンを振り返った。

「最初の週、我々は確かに速かった」

 フェラーリ恒例のクリスマス・メディアランチで、ビノットはそう語った。

「我々はとても強力だった。正直なところ、全てのライバルたちに対して、パフォーマンスの面で明確なアドバンテージがあると考えていた。多かれ少なかれ、他のチームよりも0.5秒速かったんだ」

「2週目(2回目のプレシーズンテスト)に、メルセデスはアップデートを持ち込んだ。みんなが燃料搭載量を少なくし、エンジンモードを変えてプッシュし始める2回目のテストの総合タイムを見ても、我々は(ルイス)ハミルトンと全く同じようなタイムを出していたんだ」

 そして、意気揚々と開幕戦のオーストラリアGPに臨んだフェラーリは、メルセデスに圧倒されてしまった。

「(テスト後も)パフォーマンスにはまだ大きな自信を持っていた。優勝争いができるという自信を持って、オーストラリアに向かったんだ」と、ビノットは話した。

「しかし、オーストラリアでチーム全体が”冷たいシャワー”を浴びることになった。自分たちのパフォーマンスが十分ではないことに気づいたんだ」

「(オーストラリアで)優れたパフォーマンスが出せなかったのには、十分な理由があった。冷却とパワーユニットの管理に関して、我々は選択をミスしていた。その時点で、いくつか間違いを犯していたんだ。しかし全体としては、予想と比べて確かに遅すぎた」

 第2戦のバーレーンGPでシャルル・ルクレールがポールポジションを獲得。信頼性トラブルで勝利こそ逃したものの、速さを見せた。それだけにビノットは、オーストラリアGPが”悪夢のようなレースだっただけだ”と期待していたという。

 しかしその後のグランプリでも勝つことはできず、どれだけの作業が必要なのか、チームはようやく認識することとなったのだ。しかしビノットは、そうした”トラブル”へのチームの対処を称賛した。

「それに時間がかかりすぎてしまった。これが今季最初のウィークポイントだ」

「チームには正しいスピリットがあった。特にコーナリングなどでギャップを完全に埋められなかったとしても、シーズンの後半、我々は自分たちが抱えていた問題に積極的に取り組んだと思う」

「チームが正しい方向に進み、発展していくことができることを示しているんだ。それは今シーズンのポジティブなところだ」

Read Also:

次の記事
F1への道潰えず。レッドブル育成を外されたティクトゥム、ウイリアムズに加入

前の記事

F1への道潰えず。レッドブル育成を外されたティクトゥム、ウイリアムズに加入

次の記事

ルクレール、1月12日開催の英国オートスポーツ・ショーにゲスト参加

ルクレール、1月12日開催の英国オートスポーツ・ショーにゲスト参加
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー シャルル ルクレール , セバスチャン ベッテル 発売中
チーム フェラーリ 発売中
執筆者 Scott Mitchell