F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
5 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
12 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
26 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
40 days

F1シンガポールFP3:勢力図の見えないセッションに。ルクレール最速、アルボン5番手

シェア
コメント
F1シンガポールFP3:勢力図の見えないセッションに。ルクレール最速、アルボン5番手
執筆:
2019/09/21 11:37

F1第15戦シンガポールGPのフリー走行3回目が行われた。トップタイムを記録したのは、フェラーリのシャルル・ルクレールだった。

 F1第15戦シンガポールGPのフリー走行3回目が行われ、フェラーリのシャルル・ルクレールがトップタイムをマークした。タイムは1分38秒192だった。

 シンガポール市街地コースでは太陽が傾き始める中、気温31℃、路面温度40℃というコンディションの下でセッション開始。ケビン・マグヌッセン(ハース)が先頭でコースへと向かっていった。

 上位陣ではまずバルテリ・ボッタス(メルセデス)が1分40秒926でトップタイムをマーク。さらにチームメイトのルイス・ハミルトンもミディアムタイヤでコースに向かい、1分40秒302でトップタイムを塗り替えた。

 FP1、FP2では目立った速さを見せられていなかったフェラーリだが、シャルル・ルクレールがソフトタイヤで1分39秒364をマーク。しかし、セバスチャン・ベッテルは1分40秒台のタイムに終わり、ルクレールから1秒近く離されてしまった。

 セッション開始から40分が経過したところで、ダニール・クビアト(トロロッソ)のマシンが後方から白煙を上げ、ピットに。イタリアGPではオイル漏れによりリタイアを余儀なくされたクビアトだが、2戦続けてトラブルに見舞われてしまった。チーム曰く、今回もオイル漏れが生じていたようだ。

 セッション折り返し地点というタイミングで、上位陣のオーダーはルクレール、ハミルトン、ベッテル、ボッタスとなった。そんな中、セルジオ・ペレス(レーシングポイント)がピットレーン入口手前のターン21で外側のウォールに接触。ホイールが割れてリム脱落し、コース上に転がってしまった。当初はバーチャルセーフティカーで対応していたが、後に赤旗中断となった。マックス・フェルスタッペン(レッドブル)はこのタイミングで最初のコースインしていたが、タイム計測を行うことができなかった。

 5分ほどの中断でセッションは再開。残り20分からは各車が2セット目のソフトタイヤを装着し、アタックへと向かっていった。ボッタスが1分39秒166、フェルスタッペンが1分39秒366をマークする中、ルクレールは1分38秒192でそれを大幅に上回り、トップに躍り出た。

 ミディアムタイヤでベストタイムをマークしていたハミルトンも、少しタイミングを遅らせてアタックに。ピットロードを出た直後にスピンを喫するというハプニングもあったが、1分38秒399で2番手に飛び込んできた。そしてベッテルも1分38秒811をマークし3番手にまで順位を上げた。

 5番手だったフェルスタッペンは最後のアタックで挽回を狙ったが、セクター3でミスがあったのか、タイムを更新することはできなかった。

 ルクレールのトップタイムは変わらず、セッションが終了。ハミルトン、ベッテル、ボッタスが続いた。レッドブル勢はアレクサンダー・アルボンが5番手、フェルスタッペンが6番手となったが、万全なアタックができたとは言えず、不完全燃焼なセッションとなった。

 中団勢は初日と変わらず、マクラーレンとルノーが速さを見せた。クビアトがトラブルに見舞われたトロロッソは、ピエール・ガスリーが12番手に入った。

【リザルト】F1第15戦シンガポールGP:フリー走行3回目タイム結果

順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Monaco シャルル ルクレール 15 1'38.192     185.624
2 United Kingdom ルイス ハミルトン 15 1'38.399 0.207 0.207 185.233
3 Germany セバスチャン ベッテル 13 1'38.811 0.619 0.412 184.461
4 Finland バルテリ ボッタス 16 1'38.885 0.693 0.074 184.323
5 Thailand アレクサンダー アルボン 14 1'39.258 1.066 0.373 183.630
6 Netherlands マックス フェルスタッペン 9 1'39.366 1.174 0.108 183.430
7 Spain カルロス サインツ Jr. 14 1'39.507 1.315 0.141 183.171
8 United Kingdom ランド ノリス 13 1'39.709 1.517 0.202 182.799
9 Germany ニコ ヒュルケンベルグ 15 1'40.118 1.926 0.409 182.053
10 Australia ダニエル リカルド 12 1'40.153 1.961 0.035 181.989
次の記事
F1シンガポールFP3速報:ルクレールがトップタイム。フェルスタッペン6番手

前の記事

F1シンガポールFP3速報:ルクレールがトップタイム。フェルスタッペン6番手

次の記事

FP3で壁にヒットしたペレス、ギヤボックスに損傷あり交換。5グリッド降格に

FP3で壁にヒットしたペレス、ギヤボックスに損傷あり交換。5グリッド降格に
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第15戦シンガポールGP
執筆者 戎井健一郎