F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
00 時間
:
16
:
07
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
7 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
21 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
35 days

F1日本FP1:山本尚貴が最多周回の17番手。メルセデスワンツー発進

シェア
コメント
F1日本FP1:山本尚貴が最多周回の17番手。メルセデスワンツー発進
執筆:
2019/10/11 3:48

F1第17戦日本GPの金曜フリー走行1回目が行われた。トップタイムを記録したのはメルセデスのバルテリ・ボッタスで、トロロッソ・ホンダの山本尚貴は17番手だった。

 2019年のF1世界選手権第17戦日本GPのフリー走行1回目が行われ、バルテリ・ボッタス(メルセデス)が1分28秒731でトップタイムを記録した。トロロッソ・ホンダをドライブした山本尚貴は17番手だった。

 日本のF1ファンが待ち望んだ日本GPがついに開幕した。今回のFP1では、スーパーフォーミュラ、スーパーGTのトップドライバーである山本がトロロッソから出走。日本人ドライバーがF1の公式セッションで走行するのは2014年の小林可夢偉以来5年ぶりとなった。

 日本列島に接近する台風19号の影響が心配されたが、気温24℃、路面温度30℃のドライコンディションでセッションがスタートした。

 カルロス・サインツJr.(マクラーレン)が先頭でコースに出たが、加速できず1コーナー手前でストップしてしまった。これによりバーチャル・セーフティカーが発令される中、山本もコースインしてインスタレーションラップを完了した。

 まずタイムを計測したのはメルセデス勢。ボッタスが1分31秒831、ルイス・ハミルトンが1分31秒723をマークした。

 その後、山本も再びコースインしてタイム計測を行った。1分34秒台のタイムで周回しながら、マシンのフィーリングについて無線でフィードバックしていた。

 セッション開始から30分が経過して、ハミルトンが1分30秒832でトップ。ボッタスが1分30秒918で僅差の2番手につけた。レッドブルのマックス・フェルスタッペンは1分31秒051をマークし、メルセデス勢に肉薄する3番手だ。

 この日2セット目のミディアムタイヤを投入したメルセデス勢はさらにタイムを更新し、ボッタスが1分30秒524でトップタイム、ハミルトンが1分30秒705で2番手となった。山本は1分33秒843を記録し、17番手で1セット目のタイヤを返却した。

 ミディアムタイヤで15周を走行した山本は、セッション残り35分でソフトタイヤを履いてコースに向かっていった。そして大幅にタイムを更新し、1分32秒018で15番手となった。

 フェラーリ勢も新品のソフトタイヤを投入。セバスチャン・ベッテルが1分29秒720でトップタイムを更新すると、シャルル・ルクレールも1分29秒912でそれに続き、ワンツー体制となった。

 その後、ハミルトンがソフトタイヤを履いてコースイン。1分28秒807を記録し、フェラーリ勢に1秒近い差をつけて再びトップに立った。さらにボッタスも1分28秒731を記録し、メルセデス勢が速さを見せつけた。

 セッションも残り10分、サーキット上空が徐々に明るくなってくる中、多くのドライバーがユーズドのソフトタイヤを履いて周回を重ねた。

 そして90分間のフリー走行が終了。トップタイムはボッタスで、2番手にハミルトンが続き、メルセデスが好調な滑り出しを見せた。3、4番手にはフェラーリの2台、5、6番手にはレッドブルの2台と3強チームが並んだ。

 セッション序盤、トラブルに見舞われたサインツJr.だったが、最終的に中団最上位の7番手までタイムを上げた。8、9番手にはレーシングポイントの2台がつけた。

 F1初走行となった山本は17番手。全ドライバー中最多の30周を走り込んだ。さらに16番手となったチームメイトのダニール・クビアトとの差もコンマ1秒以内と、僅差で続いた。

【リザルト】F1第17戦日本GP:フリー走行1回目タイム結果

順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Finland バルテリ ボッタス 26 1'28.731     235.601
2 United Kingdom ルイス ハミルトン 25 1'28.807 0.076 0.076 235.400
3 Germany セバスチャン ベッテル 26 1'29.720 0.989 0.913 233.004
4 Monaco シャルル ルクレール 20 1'29.912 1.181 0.192 232.507
5 Netherlands マックス フェルスタッペン 22 1'30.046 1.315 0.134 232.161
6 Thailand アレクサンダー アルボン 24 1'30.375 1.644 0.329 231.316
7 Spain カルロス サインツ Jr. 21 1'30.702 1.971 0.327 230.482
8 Mexico セルジオ ペレス 21 1'30.810 2.079 0.108 230.208
9 Canada ランス ストロール 27 1'30.959 2.228 0.149 229.831
10 United Kingdom ランド ノリス 24 1'31.001 2.270 0.042 229.724
次の記事
学んでいる限り、後悔は無い……フェラーリ代表、前進することが重要と語る

前の記事

学んでいる限り、後悔は無い……フェラーリ代表、前進することが重要と語る

次の記事

ボッタス、メルセデスのアップデートに自信。鈴鹿ではフェラーリを圧倒する?

ボッタス、メルセデスのアップデートに自信。鈴鹿ではフェラーリを圧倒する?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第17戦日本GP
サブイベント FP1
執筆者 戎井健一郎