F1”雑感”解説:アルファロメオ……そのフロントウイングの狙いは?

シェア
コメント
F1”雑感”解説:アルファロメオ……そのフロントウイングの狙いは?
2019/02/15 9:27

フィオラノ・サーキットでシェイクダウン走行を行ったアルファロメオ。その独創的なフロントウイングの狙いは?

 ザウバーから名称変更して今シーズンにエントリーしたアルファロメオ・レーシングが、2019年用マシンのシェイクダウンをイタリアのフィオラノ・サーキットで行なった。

 まだその名前も発表されておらず、カラーリングもシェイクダウン専用であり、多くの部分がベールに包まれている。

 ただ、一見したところ昨年のザウバーC37に良く似ているように思われるが、細部が色々と変更されているのが分かる。

 不思議なのは、フロントウイングである。フロントウイングのフラップ外側が、走行したマシンには存在しない。つまり、正面から来た気流が、タイヤに直接当たってしまう形になっているのだ。

 近年のF1マシンは、この部分にカスケードウイングなどを設け、気流をマシンの外側か上方に逃がし、空気抵抗を極力少なくしようとするのが常だ。今季はレギュレーションの変更に伴い、カスケードウイングを設けることができない。とはいえこの形では、空気抵抗が生じてしまうように思われる。事実、他のチームは翼端板の付近までフラップが伸びている。実戦用のウイングは変わってくる可能性もあるが、何か別の効果を狙っているのだとすれば、実に興味深い。

 ノーズは先端の穴が健在。ただ、中央部にひとつ穴を追加している。ノーズの形状は若干上方に向かって反るような形。直線的だった昨年に比べ、複雑な形状になった。

 フロントのサスペンションは、プッシュロッドの角度が若干キツくなった。実測値ではないがアッパーアームとロワアームの下半角も少し大きくなっているようで、これはノーズが若干持ち上げられていることを意味するのかもしれない。

 エンジンカウルは、これまで発表されたライバルのマシンと比べて、オーソドックスな印象で、サイドポンツーン下部の抉れは非常に小さい。ただ後端の高さはかなり低められているようで、リヤウイングやディフューザーとの相関関係に注目したいところだ。

 ハースの発表時に注目された、エキゾーストパイプの上方にウェイストゲートパイプを2本縦に並べる形は、このアルファロメオも採用。これは、フェラーリのパワーユニットを使うマシンには共通する処理であるようだ。

 昨年後半、躍進を遂げたザウバー。アルファロメオと名前が変わり、さらにベテランのキミ・ライコネンとフル参戦デビューのアントニオ・ジョビナッツィが加入……その大変革の年にどんな活躍を見せるのだろうか?

次の記事
ジョビナッツィ、パーツを空港から運ぶ”大役”……アルファロメオのシェイクダウン

前の記事

ジョビナッツィ、パーツを空港から運ぶ”大役”……アルファロメオのシェイクダウン

次の記事

“90周年”の特別な年。決意を持ってタイトルに挑むフェラーリ

“90周年”の特別な年。決意を持ってタイトルに挑むフェラーリ
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント アルファロメオ新車発表会
ドライバー アントニオ ジョビナッツィ , キミ ライコネン 発売中
チーム Alfa Romeo
Be first to get
breaking news