F1新車”雑感”解説:メルセデスW10……今年のマシンは全然シンプルじゃない!

シェア
コメント
F1新車”雑感”解説:メルセデスW10……今年のマシンは全然シンプルじゃない!
2019/02/14 1:36

メルセデスが発表した、2019年用マシンW10 EQ Power+。オーバーテイク増加を目指してシンプルな空力パーツになることが目指された今年のF1だが、このマシンは実に複雑な空力パーツを備えている。

 メルセデスが、2019年シーズンを戦うニューマシン、W10 EQ Power+を発表した。

 メルセデスはオンラインでW10の画像を公開。その直後には、バルテリ・ボッタスとルイス・ハミルトンの手で早速シェイクダウンが行われた。

 さて、このW10を見て「今年のF1マシンは、シンプルになるのではなかったのか……」という第一印象をお持ちになった方も多いのではないだろうか。W10 EQ Power+は、実に複雑な空力パーツを持つF1マシンとして、産声を上げた。

 フロントとリヤのウイングは、レギュレーションに沿う付加物が極力排され、シンプルにはなった。しかし、高さが低くなったとはいえ、バージボードは相変わらず複雑な形状。ノーズ下には巨大なターニングベインが取り付けられ、フロアには複雑なスリットが開けられ、Tウイングもしっかりと残っている。またサイドポッドの側面にはコの字型のディフレクターを配置。さらにその上部は二股に分かれ、コクピット横で接続されている。また、このディフレクター中央のステー取り付け位置の付け根からさらにステーが延び、その先にリヤビューミラーを設置。ミラーステーはこの1本だけではなく、コクピット方向にももう1本延びている様子……間違いなく空力パーツとして使っているだろう。

 このように、とにかく複雑な空力パーツが盛りだくさんに取り付けられているW10 EQ Power+……おそらくドラッグの軽減やダウンフォース発生に効果があるのだろう。しかしその結果、マシン後方に発生する乱気流も大きく、オーバーテイクはやはり難しい……となるのではないか。

 とはいえ、それこそがメルセデスの強みとも言える。シンプルな空力を目指した今シーズンであっても、レギュレーションで許されている極限まで開発を行い、最大限のパフォーマンスを発揮する……そんな意欲が見て取れるようだ。

 考えてみれば、このチームの元を辿ればダブルディフューザーを開発したブラウンGPであり、さらに遡ればアンヘドラルウイングや6輪車を世に送り出したティレルにまでたどり着く……これも当然と言えるかもしれない。

 また空力効果を最大限に発揮するため、前後のサスペンションアームを高い位置に設け、昨年同様アップライトに角状のピボットを加えて取り付けられている。さらに地面とは極力水平にすることが目指されているようだ。これにより、マシンの床下に送られる気流を邪魔することなく、さらには後方へ向かって流れていく気流の方向を整える、フィンの役割も併せ持っているだろう。

 また昨シーズン終盤に注目を集めた複雑な形状のホイールは今年も健在。しかし、議論の的となったスペーサーが使われているかどうかは、まだ確認できていない。

 昨年までダブルタイトル5連覇を達成したメルセデス。6連覇を目指した意欲作と言えそうだ。さてその実力は?

次の記事
ウイリアムズ、シェイクダウンをキャンセルへ。規則変更決定遅れが原因?

前の記事

ウイリアムズ、シェイクダウンをキャンセルへ。規則変更決定遅れが原因?

次の記事

レッドブル・ホンダRB15の第一印象は”ポジティブ”。笑顔のフェルスタッペン

レッドブル・ホンダRB15の第一印象は”ポジティブ”。笑顔のフェルスタッペン
Load comments

この記事について

シリーズ F1