新生レーシングポイント始動。カナダで新カラーリングを発表

シェア
コメント
新生レーシングポイント始動。カナダで新カラーリングを発表
2019/02/13 15:46

フォースインディアを引き継ぐ形で始動したレーシングポイントが、ニューマシンのカラーリングをカナダ国際オートショーで発表した。

 レーシングポイントは、カナダのトロントで行われたカナダ国際オートショーで、2019年用マシンのカラーリングを発表した。

 昨年中盤まではフォースインディア、後半は”レーシングポイント・フォースインディア”として活動してきたチームは、今季からレーシングポイントとして始動。新たなチームオーナーであるローレンス・ストロールがカナダの実業家だということもあり、カナダ国際オートショーが、発表会の場に選ばれた。

 イギリスなどでスポーツベッティング業務を行うスポーツペサがタイトルスポンサーとなり、チームの正式名称はスポーツペサ・レーシングポイントF1チームとなった。そのカラーリングは、昨年までに引き続きスポンサーを務めるBWTのピンク色をベースとしつつも、スポーツペサのカラーである青が取り入れられた。

 ドライバーは昨年までフォースインディアのドライバーと努めてきたセルジオ・ペレスと、新オーナーの息子であるランス・ストロールのふたりである。

次の記事
【ギャラリー】レーシング・ポイント、2019年用マシンカラーリング

前の記事

【ギャラリー】レーシング・ポイント、2019年用マシンカラーリング

次の記事

最初から完璧じゃなくてもいい……フェルスタッペン、テスト開幕を切望

最初から完璧じゃなくてもいい……フェルスタッペン、テスト開幕を切望
Load comments

この記事について

シリーズ F1
チーム Racing Point