F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
51 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
65 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
79 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
93 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
100 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
114 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
128 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
135 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
149 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
156 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
170 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
184 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
212 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
219 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
233 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
240 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
254 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
268 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
275 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
289 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
303 days

F1プライベーター通信簿(1):マクラーレン|築き上げてきたモノを信頼できるか?

シェア
コメント
F1プライベーター通信簿(1):マクラーレン|築き上げてきたモノを信頼できるか?
執筆:
2019/12/16 8:43

元重鎮F1デザイナーであるゲイリー・アンダーソンが、2019年シーズンのプライベーターチームの戦いぶりを評価。その第1回目はマクラーレン。

 4年間の苦戦、そして大規模な組織内部の変革を経て、2019年のマクラーレンは戦いの場に戻ってきた。

 これが、我々が見たかったマクラーレンの姿だ。チームとドライバーがそれぞれ満足し、チームを再構築する方向性を理解している……幸せなチームだ。彼らはこの勢いを、2020年まで維持しなければいけない。

 彼らにとっての来年の目標は、ビッグチームに近付くことだ。新しいテクニカルディレクターのジェームス・キーと、チーム代表のアンドレアス・ザイドルが加わった……マクラーレンは確かに、強みと重要な経験を手にしている。そのため、チームが進むべき方向を備え、それを確実に達成できるかどうかは、彼ら次第だ。

 経験に違いこそあるものの、ふたりのドライバーはチームに良く溶け込んでいる。これは、将来チームを立て直していく上での良い前兆となるはずだ。一貫性は大事だが、年齢がわずかに異なることによって、求められるモノもそれぞれ異なってくる。

 カルロス・サインツJr.は、既に複数年のF1での経験があり、今後数年で成功を収めなければならない立場に置かれている。一方でランド・ノリスはデビュー1年目を終えたばかり……自分の輝きを発揮する前に、まだ数年間の猶予期間がある。

■2019年マクラーレンの成績
最高グリッド:5位(3回)
レース最高位:3位(1回)
獲得ポイント:145(首位に対し63%/2018年は62ポイント)
表彰台:1回

 マクラーレンは、2018年シーズンと比較して、顕著な改善を見せた。彼らは自らの運命をコントロールし、ステップアップすることに成功したのだ。

 トップチームとの差は、まだ依然として大きい。本来なら、もう少し差が縮まることを期待していた。しかしマクラーレンは、より多くのポテンシャルを引き出すために、コンセプトを変更する必要があることを受け入れた。

 チームメイト同士の比較では、サインツJr.が優位に立っている。しかしノリスと彼の予選に対する挑み方については、感銘を受けた。中団グループにおいては、常に運がつきまとう。しかし予選でのノリスのパフォーマンスは、力強いモノだった。

■2019年マクラーレンのドライバー別成績
獲得ポイント:サインツJr. 96ポイント/ノリス 49ポイント
ベストグリッド:サインツJr. 5位(1回)/ノリス 5位(2回)
決勝最上位:サインツJr. 3位(1回)/ノリス 6位(2回)

 マクラーレンは2018年から2019年にかけて行なったことを継続し、ここまで作り上げてきたモノを信じなければならない。勢いとモチベーションを維持することで、2021年シーズンには、ビッグチームとの差を埋めることができるかもしれない。

Read Also:

次の記事
F1再復帰の可能性はゼロじゃない……クビサ、再挑戦の希望捨てず

前の記事

F1再復帰の可能性はゼロじゃない……クビサ、再挑戦の希望捨てず

次の記事

ドライバーたちの熱き戦いの記録。F1チームラジオ:ベストセレクション2019

ドライバーたちの熱き戦いの記録。F1チームラジオ:ベストセレクション2019
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 Gary Anderson