F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
19 3月
-
22 3月
イベント 進行中 . . .
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
13 days
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
41 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
48 days
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
62 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
76 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
83 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
97 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
104 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
118 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
132 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
160 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
167 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
181 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
188 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
202 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
216 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
223 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
237 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
251 days

F1プライベーター通信簿(3):トロロッソ|レッドブルとの関係をどう活かすか?

シェア
コメント
F1プライベーター通信簿(3):トロロッソ|レッドブルとの関係をどう活かすか?
執筆:
2019/12/17 8:52

元重鎮F1デザイナーであるゲイリー・アンダーソンが、2019年シーズンのプライベーターチームの戦いぶりを評価。その3回目はトロロッソ・ホンダ。

 2019年シーズンをコンストラクターズランキング6位で終えたトロロッソ。彼らは、姉妹チームであるレッドブルの技術を可能な限り活用することで、徐々に成果が出始めている。また、レッドブル同様トロロッソもホンダのパワーユニットを使っているため、エネルギーのデプロイメントの検討についても、情報を共有することができるはずだ。

Read Also:

 とはいえトロロッソは、ホンダPUのアップデートのテストベンチ、そしてドライバー育成の場としても活用されている。チーム代表のフランツ・トストは、レッドブルのサポートをするというのが、トロロッソの立ち位置であるということをよく理解している。その一方でその立場を活かし、自らのパフォーマンス向上にも繋げることに成功……その緊密な関係により、前述の通り2回の表彰台を獲得するなど、コンストラクターズランキング6位となった。チームにとっては、セバスチャン・ベッテルが在籍し優勝を挙げた2008年以来のベストシーズンとなった。

■2019年トロロッソの成績
最高グリッド:6位(1回)
レース最高位:2位(1回)
獲得ポイント:85(首位に対し38%/2018年は33ポイント)
表彰台:2回

 トロロッソは2019年シーズンを、2018年終盤よりも力強い走りでスタートさせた。しかし彼らには一貫性がないところがあり、それが最大の疑問だった。シーズンを通して、パフォーマンスの浮き沈みが激しかったのだ。今後、その点は改善していく必要があるだろう。

 なお今シーズンをダニール・クビアトとアレクサンダー・アルボンというコンビでスタートさせたトロロッソだったが、シーズン後半からはアルボンに代わってピエール・ガスリーが復帰することになった。この3人はいずれも、毎回ではなかったとはいえ、時折強力なパフォーマンスを発揮することになった。

■2019年トロロッソのドライバー別成績
獲得ポイント:クビアト37ポイント/アルボン16ポイント/ガスリー32ポイント
ベストグリッド:クビアト6位(1回)/アルボン9位(2回)/ガスリー6位(1回)
決勝最上位:クビアト3位(1回)/アルボン6位(1回)/ガスリー2位(1回)

 トロロッソは、レッドブルから完全に独立して戦うことはできない。しかし、より大きな力を持つレッドブルのサポートを存分に活かすことで、メリットを享受できる可能性がある。

 つまり彼らは、レギュレーションによって許される限り、できるだけレッドブルと密に働くべきだろう。現在の4人のドライバーを見渡せば、レッドブル+トロロッソ、つまりホンダ製パワーユニット搭載マシンによる1-2-3-4位独占が不可能だと言う根拠は何もない。それが実現すれば、現代では特別なリザルト……ということになるだろう。

Read Also:

次の記事
リカルド”2019年最高パフォーマンス”は、14位に終わったベルギーGP

前の記事

リカルド”2019年最高パフォーマンス”は、14位に終わったベルギーGP

次の記事

F1への道潰えず。レッドブル育成を外されたティクトゥム、ウイリアムズに加入

F1への道潰えず。レッドブル育成を外されたティクトゥム、ウイリアムズに加入
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム アルファタウリ・ホンダ 発売中
執筆者 Gary Anderson