F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
51 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
65 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
79 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
93 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
100 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
114 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
128 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
135 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
149 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
156 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
170 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
184 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
212 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
219 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
233 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
240 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
254 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
268 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
275 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
289 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
303 days

F1プライベーター通信簿(4):アルファロメオ|戻ってきた”伝統”。設備活用が鍵?

シェア
コメント
F1プライベーター通信簿(4):アルファロメオ|戻ってきた”伝統”。設備活用が鍵?
執筆:
2019/12/20 8:57

元重鎮F1デザイナーであるゲイリー・アンダーソンが、2019年シーズンのプライベーターチームの戦いぶりを評価。その4回目はアルファロメオ。

 2019年シーズンのF1にはビッグネームが戻ってきた。アルファロメオである。アルファロメオは、1950年の第1回F1世界選手権(イギリスGP/ヨーロッパGP)で勝利を収めたメーカー。しかもトップ3独占……4位以下を2周遅れにする、圧倒的な勝利だった。

 つまりF1では、アルファロメオは”元祖”とも言える存在。F1の”歴史”とも言えるフェラーリでさえ、このアルファロメオから派生したといえるメーカーである。

 そんなアルファロメオが、F1に帰ってきた。2018年までのザウバーが名称を変更し、歴史的自動車メーカーの名を纏ったのである。とはいえ、アルファロメオに投資した人々は、より大きな活躍を期待しているだろう。

 ドライバーはキミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィという、ベテランと新進気鋭のコンビだった。

 ライコネンの力量は疑うべくもないが、彼はフェラーリの”政治的なモノ”から抜け出せたことを喜んでいた。彼がマシンを速く走らせることを好んでいるのは、誰もが知っている。しかし、この新体制のチームを引っ張っていくつもりがあるならば、そのことにもっと力を入れる必要があるだろう。チームが苦労したのは、まさにそこだろうと考える。ライコネンは、ガレージに夜遅くまで残り、エンジニアと共に仕事をするようなドライバーではないのだ。

 アルファロメオは、手にしているパッケージを最大限に活用するために、より密に仕事ができるトップドライバーと契約するべきなのかもしれない。あくまで理想的には……ではあるが。

■2019年アルファロメオの成績
最高グリッド:5位(1回)
レース最高位:4位(1回)
獲得ポイント:57(首位に対し25%/2018年は43ポイント)
表彰台:0回

 私の印象では、2019年のアルファロメオは、チームがどのように機能するかという明確な考えなしに、ほとんどの週末に挑んだように見える。前進するためには、改善を施す前に現在の立ち位置を安定させ、そして理解する必要があると思う。

 ドライバー別の成績を見れば、一方的な結果に終わったと言えるだろう。ライコネンはその経験を活かし、チームが常に力を注ぐべきドライバーとして、多くのポイントを獲得した。一方でジョビナッツィは、シーズンを通じて多くの苦労を経験。にも関わらず、置かれた立場の中では、適切な結果を得たようだ。新しいドライバーが自信をつける前には、こういうことが必要だ。しかも彼には、来年2回目のチャンスが与えられることになった。

■2019年アルファロメオのドライバー別成績
獲得ポイント:ライコネン43/ジョビナッツィ14
ベストグリッド:ライコネン5位(1回)/ジョビナッツィ7位(1回)
決勝最上位:ライコネン4位(1回)/ジョビナッツィ5位(1回)

 アルファロメオは奇妙なチームのひとつであると言えるだろう。チームは、どんな方向性を目指しているのであろうか? 進歩への意欲があるのであれば、さらに専門的な知識を導入していく必要がある。スイスのヒンウィルには、風洞施設も含め、一流の施設が備わっている。しかし外部からは、それらの”宝物”を、最大限には活用していないように見える。

Read Also:

次の記事
【動画】F1王者ルイス・ハミルトン、MotoGPマシンで爆走。オンボード映像が公開

前の記事

【動画】F1王者ルイス・ハミルトン、MotoGPマシンで爆走。オンボード映像が公開

次の記事

2019年のF1観客動員、台風が日本GPに影響も全体では1.75%の微増

2019年のF1観客動員、台風が日本GPに影響も全体では1.75%の微増
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー アントニオ ジョビナッツィ , キミ ライコネン 発売中
チーム Alfa Romeo
執筆者 Gary Anderson