F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
53 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
60 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
74 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
88 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
102 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
109 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
123 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
137 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
144 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
158 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
165 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
179 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
193 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
221 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
228 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
242 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
249 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
263 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
277 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
284 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
298 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
312 days

F1プライベーター通信簿(5):レーシングポイント|浮き沈みが激しかった1年

シェア
コメント
F1プライベーター通信簿(5):レーシングポイント|浮き沈みが激しかった1年
執筆:
2019/12/21 11:54

元重鎮F1デザイナーであるゲイリー・アンダーソンが、2019年シーズンのプライベーターチームの戦いぶりを評価。その第5回目はレーシングポイント。

 2018年途中までF1に参戦していたフォースインディア。しかし財政難に陥ったため、夏休み明け以降はローレンス・ストロール率いるコンソーシアムが、事実上チームを買収。シーズン後半からは”レーシングポイント・フォースインディア”として、新規参入扱いで戦いの輪に加わった。

 そのチームは、2019年からは”レーシングポイント”と名称を整理し、シーズンを戦った。元をたどれば、ジョーダンを源流とする組織であり、資金難が解消さえた2019年には、もっと良い成績を残すだろうとの見方が強かった。しかし実際には、資金難に苦しんだ数年の空白期間を埋めるのに時間がかかった印象だ。

 投入されたアップデートは、期待された通りには機能しなかった。そしてそういうことが起きると、その理由を見つけるために、多大な研究開発を必要とする……この間、チームはまったく前進できていないのだ。

 チームのメンバーは堅実な基盤を持っている。そのため、それを活かすには今とは異なる働き方をする必要に迫られるだろう。

 彼らはこれまで、その日暮らしのやり方で仕事をしてきた。しかし今では、前もってしっかりと計画し、それに合わせて設計および研究を進めていくことができるようになった。ただそのことは、会社全体の哲学に変化をもたらすことになるだろう。そしてこれまで小さな規模で戦ってきたチームには、まだビッグチームに挑むことができるだけの構造が備わっていない。

■2019年レーシングポイントの成績
最高グリッド:5位(1回)
レース最高位:4位(1回)
獲得ポイント:73(首位に対し31%/2018年は52ポイント)
表彰台:0回
最速ラップ:0回

 今季のレーシングポイントは、浮き沈みが多かったように思う。レースでは、トップ3チームの次を争うこともあった。しかし今年はあまりにも頻繁に、Q1突破を狙うだけのグランプリも経験した。

 ドライバー別に見ていくと、セルジオ・ペレスの経験と、タイヤをマネジメントする能力は、見事のひと言だった。ランス・ストロールも、これまでのシーズンよりも優れていたように思う。彼はレース1周目にバトルをすることが多かったが、これはより良い予選を過ごす必要があるということを示している。ストロールは、ご存知の通りチームオーナーであるローレンス・ストロールの息子だ。しかし、パフォーマンスを発揮しなくていいというわけではない。そういう観点で見れば、彼にとっても土曜日は、改善することができる部分だ。

■2019年レーシングポイントのドライバー別成績
獲得ポイント:ペレス52ポイント/ストロール21ポイント
ベストグリッド:ペレス5位(1回)/ストロール9位(1回)
決勝最上位:ペレス6位(2回)/ストロール4位(1回)
最速ラップ:ペレス0回/ストロール0回

 チームは、オーナーが変わったからと言って、これまで何年もやり続けてきた方向性を変えるべきではない。チームを組み立てるには、最低5年かかる。レーシングポイントは将来に向けて、チームを構築していくしかないんだ。

Read Also:

次の記事
「ルクレールはチームにとって“必要不可欠”」フェラーリ、来季はナンバーワン決めず

前の記事

「ルクレールはチームにとって“必要不可欠”」フェラーリ、来季はナンバーワン決めず

次の記事

佐藤琢磨の熱弁止まらず! 熱田カメラマン写真展トークショーはまさかの1時間延長

佐藤琢磨の熱弁止まらず! 熱田カメラマン写真展トークショーはまさかの1時間延長
コメントを読み込む