ファンの皆さんには、ようやく喜んでいただけたのでは……ホンダ、レッドブルとの初戦で3位表彰台

シェア
コメント
ファンの皆さんには、ようやく喜んでいただけたのでは……ホンダ、レッドブルとの初戦で3位表彰台
2019/03/17 10:44

ホンダの田辺F1テクニカルディレクターが、F1開幕戦オーストラリアGPの決勝レースを振り返り、コメントを寄せた。

 2019年のF1に、レッドブルとトロロッソの2チーム体制でパワーユニットを供給するホンダ。その初戦となるオーストラリアGPで、レッドブルのマックス・フェルスタッペンが3位入賞を果たした。

 ホンダにとってこれは、2008年イギリスGP以来となる、F1での表彰台獲得ということになった。

「2019年の初戦、レッドブルとの初戦で表彰台に上ることができ、非常に良いスタートを切ることができました」

 ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、プレスリリースでそうコメントを発表した。

「ホンダとしては2008年以来、2015年のF1の復帰以降では初の表彰台になりますが、素晴らしい走りを見せたフェルスタッペン選手と、それを見事な戦略で支えたチームに感謝をしています」

「一方で、表彰台に上ったことは一歩を踏み出したと感じていますが、もっとパフォーマンスを上げないとまだトップには届かないことも実感しました」

 トロロッソも、ダニール・クビアトが10位に入賞する活躍を見せた。

「トロロッソについても、クビアト選手が復帰戦で力強い走りを見せ、10位入賞、ポイント獲得と、こちらも良い開幕戦になりました。マシンにポテンシャルがあることも確認できました」

 ただこの結果に満足することなく、さらに開発を進めていくと田辺TDは誓う。

「両チームともに、ここからさらに開発を続けパフォーマンスを向上していかなくてはなりません」

「まだシーズンのスタートを切ったばかりですし、ここが我々の目指す場所ではありませんが、ひとまず今日のような良いレースができたことはポジティブに捉えています。ここまで努力を続けてきたSakuraやミルトンキーンズのメンバー、それに社内外で支えていただいているすべての関係者やサプライヤー様にも感謝の言葉を送ります」

「また、応援をいただいているファンの皆様には、ようやく喜んでいただくことができたのではと思っています。今後もさらに多くの喜びを共有できればと思っていますので、引き続きご声援をよろしくお願いいたします」

次の記事
メルセデス、フェラーリと対等に戦えた! フェルスタッペン、ホンダのパフォーマンスに満足

前の記事

メルセデス、フェラーリと対等に戦えた! フェルスタッペン、ホンダのパフォーマンスに満足

次の記事

ガスリー、ポイント獲得ならずも「力強いレースだった」とレッドブル代表

ガスリー、ポイント獲得ならずも「力強いレースだった」とレッドブル代表
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント 第1戦オーストラリアGP
サブイベント 決勝レース
Be first to get
breaking news