クビアト、F1復帰戦で10位入賞「速いガスリーを抑えられて満足」

シェア
コメント
クビアト、F1復帰戦で10位入賞「速いガスリーを抑えられて満足」
2019/03/17 23:34

トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは、2017年以来のレースとなる2019年の開幕戦で10位入賞を果たした。

 トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは、2019年のF1開幕戦オーストラリアGPを15番グリッドからスタートした。しかしピットストップのタイミングを遅らせる戦略も功を奏し、F1復帰レースを10位で終えた。

「今日は素晴らしいレースだった。ドライビングにも満足だし、とても楽しかった」

 クビアトはチームのプレスリリースにそうコメントを寄せた。

「レースでは、ポジティブなことがたくさんあった。でも、予選が残念だった。もっと前からスタートできるチャンスがあったんだからね」

「レースを通じて、上手くタイヤをマネジメントすることができた。そして、もっと良いポジションを争えるペースを、間違いなく持っていた。でも、アルバートパーク・サーキットでは、オーバーテイクがとても難しい」

「僕は(レーシングポイントのランス)ストロールを捕まえようとした。でも、抜くことができなかったんだ」

 クビアトは終始レッドブルのピエール・ガスリーと激しいバトルを繰り広げた。その戦いに満足しつつ、今後に向けても期待を寄せている。

「レース終盤に向けては、ピエールと良いバトルをした。彼とは良い戦いができたと思う。レースを通して、速いマシンを押さえ込んで走れたことに満足している」

「僕らには、良いマシンとエンジンというパッケージがあることは分かっている。だから、開発を続けていく必要があるんだ。今後数戦に向けては、とても楽観的だし、良い結果を手にすることもできると思う」

次の記事
ホンダ、全計測地点で最高速を記録。大幅パワーアップは間違いない?

前の記事

ホンダ、全計測地点で最高速を記録。大幅パワーアップは間違いない?

次の記事

なんでこんなに遅いんだ……ベッテル、謎のグリップ不足に自信失う

なんでこんなに遅いんだ……ベッテル、謎のグリップ不足に自信失う
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第1戦オーストラリアGP
サブイベント 決勝レース
ドライバー ダニール クビアト 発売中
チーム トロロッソ・ホンダ 発売中
まずは最新ニュースを読む