F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
3 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
10 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
24 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
38 days

ベッテル、母国レースを”ターニングポイント”にできるか? F1ドイツGPの見どころとDAZN配信スケジュール

シェア
コメント
ベッテル、母国レースを”ターニングポイント”にできるか? F1ドイツGPの見どころとDAZN配信スケジュール
2019/07/25 8:03

昨年、ベッテルが勢いを失うきっかけとなったドイツGP。今季不振に喘ぐベッテルは、去年と逆の意味で”ターニングポイント”とすることができるか?

 今週末はF1のドイツGPが行われる。舞台はホッケンハイムリンク……以前は超高速サーキットとして知られたが、現在はレイアウトの改修が行われ、中低速コースとなった。

 昨年のドイツGPは、タイトル争いにおいてある意味ターニングポイントとなったレースだった。

 昨シーズンはここドイツまで、メルセデスのルイス・ハミルトンと、フェラーリのセバスチャン・ベッテルが熾烈なタイトル争いを繰り広げていた。そして当時チームメイトだったキミ・ライコネンからポジションを譲り受け、ベッテルはドイツでも優勝に向かってひた走っていた……しかし、レース途中で降り始めた雨により濡れた路面に脚を取られ、まさかのコースオフ、そしてクラッシュ。ベッテルはバリヤに突っ込んでしまったマシンから失意のまま降り、悔しそうにグラベルを蹴った。

 対するハミルトンはしっかりと優勝を手にした。そしてここから勢いに乗り、最終戦アブダビGPまでの11戦の間に8勝を挙げ、タイトルを手にした。一方のベッテルは、ベルギーで勝った以外は勝利を収めることができず、タイトルを逃すこととなった。

 今季は、圧倒的な強さを見せるハミルトンに対し、ベッテルは未だ未勝利と、苦戦が続いている。しかも前戦イギリスでは、まさかのミスで他車に追突し、そのダメージによりリタイア……ベッテルとしては、母国レースでもあるこのドイツGPを、昨年とは逆の意味での”ターニングポイント”としたいところだ。

 またレッドブル・ホンダ勢の躍進も著しい。オーストリアで勝ったマックス・フェルスタッペンの活躍については言うまでもないが、開幕から苦戦が続いていたピエール・ガスリーが、イギリスGPで復活の兆しを見せたのは好材料だ。イギリスでのガスリーは、フェラーリ勢とも互角に戦い、4位入賞を果たした。彼の戦いぶりにも注目だ。

 中団グループの争いは、今回も大接近戦となるであろう。イギリスGPの予選Q1では、6番手だったランド・ノリス(マクラーレン)から18番手ランス・ストロール(レーシングポイント)までの差はわずか0.683秒。ほんの僅かの差で、ポジションがいくつも変わってしまう、大混戦の状況である。

 そんな中でも好調なのはマクラーレン。マクラーレンはここ3戦で30ポイントと大量得点を稼ぎ、総得点も60ポイントまで伸ばしている。ルノーは好不調の波もあり、ここ3戦で11ポイント止まり。そろそろ躍進の兆しを見せておきたいところだ。

 アルファロメオ勢も直近3戦連続入賞&13ポイント獲得とここにきて復調。ルノーの背中も見え始めている。

 2019年のF1前半戦もあと2戦。このドイツと次戦ハンガリーGPを終えればサマーブレイク期間に入り、一時休戦となる。なお今回はFIA F2とFIA F3は併催されない。

 ドイツGPのDAZNでの配信スケジュールは、以下の通りとなっている。

■7月26日(金)
17:55〜19:45 F1フリー走行1回目 解説:小倉茂徳、田中健一(motorsport.com)
21:55〜23:45 F1フリー走行2回目 実況:笹川裕昭/解説:小倉茂徳

■7月27日(土)
18:55〜20:15 F1フリー走行3回目 解説:小倉茂徳、田中健一(motorsport.com)
21:55〜23:30 F1予選 実況:中島秀之/解説:中野信治

■7月28日(日)
21:30〜24:30 F1決勝 解説:中野信治、田中健一(motorsport.com)

次の記事
『F2004』を走らせるミック・シューマッハー「父の活躍を思い出してもらいたい」

前の記事

『F2004』を走らせるミック・シューマッハー「父の活躍を思い出してもらいたい」

次の記事

イギリスで速さ見せたレッドブル、ドイツも自信あり「高速でも低速でも速い」

イギリスで速さ見せたレッドブル、ドイツも自信あり「高速でも低速でも速い」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第11戦ドイツGP