F1
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
25 9月
イベントは終了しました
09 10月
イベントは終了しました
23 10月
イベントは終了しました

初日は良かったのに……土曜日以降グリップに悩まされたガスリー、ハンガリーで6位

シェア
コメント
初日は良かったのに……土曜日以降グリップに悩まされたガスリー、ハンガリーで6位

レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは、チームメイトのマックス・フェルスタッペンが優勝を争ったハンガリーGPで6位入賞止まりとなった。

 レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは、ハンガリーGPの決勝レースを6番グリッドからスタート。しかしスタート失敗もあって後退し、最終的にはマクラーレンのカルロス・サインツJr.を抜くことができず、グリッドポジションと同じ6位でのフィニッシュとなった。

Read Also:

「今日のレースは序盤から難しい状況に迫られた一戦でした」

 ガスリーはチームのプレスリリースにそう語った。

「スタートがうまくいかなかったことから始まり、その後もアタックを試みましたが、マシンがスライドしてしまい、グリップも得られず苦戦することとなりました」

「1コーナーで板挟み状態になった後、2コーナーで(キミ)ライコネン(アルファロメオ)と接触しそうになり、スタート後にタイムロスとなることが起きてしまいました」

 ガスリーは雨絡みとなった初日にはマシンに好感触を得ていたというが、土曜日以降は違和感を感じていたという。

「FP1とFP2が行われたレースウイーク初日の金曜は調子がよかったのですが、土曜日からグリップに悩まされることになりました。レースは6位でポイント獲得は叶ったものの、さらに上を狙えたはずです」

 ハンガリーGPをもって、今季のF1は約1ヵ月のサマーブレイクに入る。ガスリーはこの間に気持ちを切り替え、後半戦ではより良い成績を目指したいと語った。

「これからやってくるしばらくの休暇はみんなにとってスイッチオフとなるいい機会です。僕もリラックすると同時に、シーズン前半戦で何が良かったか、何がより改善できたかを考えたいと思います」

「そしてシーズン後半戦はさらに力強くなって戻ってきて、多くのポイントを獲得できるレースにしていきたいです」

Read Also:

年間22戦に増えても、PU制限数は維持するべき……フェラーリ代表の主張

前の記事

年間22戦に増えても、PU制限数は維持するべき……フェラーリ代表の主張

次の記事

ハミルトンとの激戦に敗れたフェルスタッペン「メルセデスの”余裕”を見た」

ハミルトンとの激戦に敗れたフェルスタッペン「メルセデスの”余裕”を見た」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第12戦ハンガリーGP
サブイベント Race
ドライバー ピエール ガスリー
チーム レッドブル・ホンダ