F1
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .

4台中3台が入賞のホンダ。最新”スペック4”パワーユニットも問題なく機能

シェア
コメント
4台中3台が入賞のホンダ。最新”スペック4”パワーユニットも問題なく機能
2019/09/01 23:16

F1ベルギーGPの決勝レースで、ホンダ製パワーユニットを使う4台のマシンのうち、フェルスタッペンを除く3台が入賞を果たした。

 F1ベルギーGPの決勝レースが行われ、ホンダのパワーユニット搭載勢はレッドブルのマックス・フェルスタッペンこそ1周目にリタイアすることになったものの、それ以外の全車は入賞を果たした。

 レッドブル加入初戦だったアレクサンダー・アルボンは、パワーユニット交換のためにグリッド最後尾からのスタートだったが、レース中に追い上げを見せ、フェラーリ勢とメルセデス勢に次ぐ5位のポジションを手にした。また、ダニール・クビアトとピエール・ガスリーのトロロッソ勢2台も、終始力強い走りを見せ、今季3度目のダブル入賞となった。

「今日のレースでは、5番手からスタートのフェルスタッペン選手がスタート直後にリタイアとなりましたが、後方からスタートした残りの3台のマシンが確実にレースを走りきり、入賞を果たしました。両チームにとって良い結果になったと思います」

 ホンダのF1テクニカルディレクターを務める田辺豊治は、チームのプレスリリースにそうコメントを寄せた。

「なにより17番手からスタートしたアルボン選手がレッドブルでのデビュー戦で非常に力強い走りを見せ、5位を獲得できたことは素晴らしかったです。トロロッソの2台も良いペースをみせ、アルボン、クビアト、ガスリーの3選手で見応えのあるバトルを展開しました」

 今回のレースでホンダは、アルボンとクビアトのマシンに、最新のスペック4と呼ばれるパワーユニットを投入した。これが十分に機能すると共に、今後に向けたデータ収集もできたという。

「我々としては、今週末に投入したスペック4のPUが問題なく機能し、多くのデータを収集できました。ここからさらに分析を進め、今後のレースに繋げていきたいと思います」

次の記事
ペレスとアルボン、最終周のバトルはお咎めなし。アルボンの5位が確定

前の記事

ペレスとアルボン、最終周のバトルはお咎めなし。アルボンの5位が確定

次の記事

【動画】F1第13戦ベルギーGP決勝ハイライト

【動画】F1第13戦ベルギーGP決勝ハイライト
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第13戦ベルギーGP
サブイベント Race