F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
5 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
12 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
26 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
40 days

鈴鹿サーキットに台風19号の被害なし。F1日本GPの予選・決勝に向け準備整う

シェア
コメント
鈴鹿サーキットに台風19号の被害なし。F1日本GPの予選・決勝に向け準備整う
執筆:
2019/10/13 0:34

台風の影響により土曜日の走行セッションが全て中止、サーキットも完全閉鎖された2019年のF1日本GP。しかし大きな被害はなく、台風一過の空の下、復旧作業が急ピッチで進められている。

 台風19号の接近により、土曜日のセッションが完全に中止された2019年のF1日本GP。チームも、そしてサーキットも、被災することを避けるため様々な対策を行なった。

 チームはガレージの外に出ている設備を全て撤収。また土嚢を積んだり、ガレージ内の全ての装備を底上げするなどして、浸水への対策をした。また、グランドスタンド裏のショップやステージなども、風で倒壊することを防ぐために、化粧板を外したり、テントを畳んだりする対策に追われた。またコースでも、設備がダメージを受けることがないよう、コース脇の看板を撤去したり、かつて土砂崩れが発生した地点などに事前に養生を施すなどした。

 これらの結果、台風の影響による風や雨に見舞われたものの、大きな被害を受けることなく決勝日を迎えることができた。

 チームは朝5時から作業を開始し、ガレージの修復作業を急ピッチで進めた。そしてグランドスタンド裏等、観客席エリアの復旧も進められ、1デイという非常にタイトなスケジュールで予選と決勝を行うにも関わらず、準備は整いつつある。いくつかのガレージからはマシンの暖気を行う音も聞こえていた。

 また公式予選が10時から行われるということもあり、早朝から多くのファンが鈴鹿サーキットに来場。朝8時の時点でイベント広場「GPスクエア」は賑わいをみせていた。今年はレッドブル・ホンダの活躍やフリー走行1回目に山本尚貴が日本人ドライバーとして5年ぶりに出走したこともあり、例年よりも盛り上がっている様子だった。

 上空は快晴。風はまだ若干強く吹いているののの、絶好の観戦日和となりそうだ。

 2019年のF1日本GPの予選・決勝がまもなく始まる。

次の記事
ニック・キャシディ、FP1直前に“最大のライバル”山本尚貴を激励

前の記事

ニック・キャシディ、FP1直前に“最大のライバル”山本尚貴を激励

次の記事

【生配信】F1第17戦日本GP 予選ライブテキスト

【生配信】F1第17戦日本GP 予選ライブテキスト
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第17戦日本GP
執筆者 田中健一