F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
3 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
10 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
24 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
38 days

ホンダ、1991年以来の母国優勝なるか? F1日本GPの見どころとDAZN配信スケジュール

シェア
コメント
ホンダ、1991年以来の母国優勝なるか? F1日本GPの見どころとDAZN配信スケジュール
2019/10/10 12:25

いよいよ開幕するF1日本GP。DAZNでは全セッションを現地鈴鹿サーキットから完全生配信。さらに様々なスペシャルコンテンツも用意し、日本GPの週末を盛り上げる。歓喜の瞬間を見逃すな!

 今年のF1も、いよいよ鈴鹿サーキットにやってきた。日本グランプリである。

 鈴鹿サーキットは、世界最高の呼び名も高いコース。ダウンフォースレベル、パワー……マシンの総合的なバランスが求められるのだ。さらにコース幅もランオフエリアも狭く、ドライバーにもミスは許されない。マシンにもドライバーにも難しい、攻め甲斐のあるコースなのだ。

 注目はレッドブル・ホンダ勢の活躍だろう。レッドブルはここまでオーストリアとドイツで優勝。ホンダの母国で3勝目を狙う。ベルギーGPで投入されたスペック4も問題なく機能しており、鈴鹿でも活躍が期待される。

 同チームのエースドライバーであるマックス・フェルスタッペンにとって、ここ鈴鹿はF1公式セッションデビューを果たした思い出の地でもある。1991年のゲルハルト・ベルガー(マクラーレン・ホンダ)以来となるホンダの母国優勝なるだろうか?

 ただシーズン後半にパフォーマンスを急激に上げてきたのがフェラーリ勢だ。もとより直線スピードは速かったのだが、空力パッケージのアップデートが成功し、ダウンフォースもしっかり得られるようになってきた。そのため、現在4戦連続ポールポジション獲得中。ロシアではバーチャル・セーフティカーのタイミングに悩まされて4連勝を逃したが、それでも速さは群を抜いていた。

 メルセデスはここ数戦苦戦中。鈴鹿にはマイナーアップデートを投入と言われているが、それがどう効いてくるかが、フェラーリと太刀打ちできるか否かに影響することになるだろう。

 中団グループの大接戦は今回も変わらないはず。ホンダの母国でトロロッソが躍進するのか? それとも今季中団グループを牽引するマクラーレンやルノーが強さを発揮するのか……楽しみなところだ。

 スポーツチャンネルDAZNでは、この日本GPも全セッション生配信。しかも現地実況ブースからお届けするという。さらに日本GPを盛り上げるため、セッション直前情報を無料で配信するTwitterライブ「デイリー鈴鹿」や、ホンダの名レースを振り返る「F1 Rewind|ホンダF1 栄光の名レース」など、様々なスペシャルコンテンツが準備されているという。

■DAZN F1日本GP配信スケジュール

10月11日(金)
10:00 フリー走行1回目 実況:笹川裕昭/ピットレポート:小倉茂徳/解説:中野信治、田中健一(motorsport.com)
14:00 フリー走行2回目 実況:サッシャ/ピットレポート:小倉茂徳/解説:中野信治、田中健一(motorsport.com)

10月12日(土)
12:00 フリー走行3回目 実況:中島秀之/ピットレポート:小倉茂徳/解説:中野信治、田中健一(motorsport.com)
15:00 予選(F1 ZONE)実況:笹川裕昭/解説:小倉茂徳、中野信治

10月13日(日)
13:00 ドライバーズパレード 実況 中島秀之
14:10 決勝レース(F1 ZONE)  実況:中島秀之/解説:小倉茂徳、中野信治、田中健一(motorsport.com)

※台風の影響により、スケジュールが変更される可能性があります。

■特別コンテンツ 

「F1ラボスペシャル: 日本グランプリ 鈴鹿エディション」:10月10日(木)配信開始
日本GPウィークの裏側にDAZNカメラが密着! 各チームの準備風景やサーキット入りするドライバーたちの映像満載でお届け。ドライバーインタビューも準備中。

「デイリー鈴鹿」 10月11日(金)~13日(日)DAZN Twitterで配信
鈴鹿サーキットの放送席から、各チームのマシン解説、ドライバー情報、ホンダ関係者インタビューなど、最新情報をライブでお届け。

「ホンダF1 栄光の名レース」
・1984年ダラスGP(ケケ・ロズベルグ/ウイリアムズ・ホンダ優勝|ホンダF1第2期初優勝)
・1988年日本GP(アイルトン・セナ/マクラーレン・ホンダ優勝|セナ初チャンピオン決定)
・2006年ハンガリーGP(ジェンソン・バトン/ホンダ優勝|ホンダF1第3期初優勝)

「DRIVE TO F1 - ジャパニーズ ドライバーズ ドキュメンタリー」
 F1を目指す若手日本人ドライバーの活動にDAZNが独占密着。ホンダの育成ドライバー兼レッドブルジュニアドライバーの角田裕毅と、かつて佐藤琢磨も所属した名門カーリンの名取鉄平。F1を目指し、FIA F3に参戦する日本人ドライバーが欧州のレースで直面した壁と葛藤、そして歓喜の初優勝までを追う。

 日本GPの週末は、DAZNを活用すれば、F1を大いに満喫することができそうだ。

 DAZNへの申し込みなど詳細は、下記バナーをクリック。

次の記事
台風19号接近のF1日本GP。土曜走行の有無は金曜14時までに判断

前の記事

台風19号接近のF1日本GP。土曜走行の有無は金曜14時までに判断

次の記事

気持ち的には”鈴鹿スペシャル”……ホンダ田辺TD「凱旋レース」へ意気込み

気持ち的には”鈴鹿スペシャル”……ホンダ田辺TD「凱旋レース」へ意気込み
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第17戦日本GP