F1
03 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
10 7月
-
12 7月
イベントは終了しました
17 7月
-
19 7月
イベントは終了しました
31 7月
-
02 8月
イベントは終了しました
R
F1 70周年記念GP
07 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
2 days
14 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
9 days
28 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
23 days
R
イタリアGP
04 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
30 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
-
13 9月
次のセッションまで……
37 days
R
ロシアGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
51 days
R
アイフェルGP
09 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
65 days
R
ポルトガルGP
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
79 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
87 days

本当に特別な週末になりそうだ……ガスリー「鈴鹿は最高のサーキット!」

シェア
コメント
本当に特別な週末になりそうだ……ガスリー「鈴鹿は最高のサーキット!」
2019/10/09 2:25

まもなく開幕する2019年のF1日本GP。スーパーフォーミュラに参戦していたこともあるため、日本にも多くのファンがいるピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)は、鈴鹿は最高のサーキットだと賞賛する。

 トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが、日本GPに向けた意気込みをチームのプレスリリースに寄せた。

Related videos:

 ガスリーはロシアGP決勝レースをうまく進めていたものの、ピットストップを終えた後にバーチャル・セーフティカー(VSC)が出動したことで戦略が台無しとなってしまい、入賞を逃す結果となった。

「ロシアGPの週末は、僕にとって最高と言えるようなモノじゃなかった。それでも、VSCが出るまではポイントを獲得できそうだと思っていたんだ」

 そうガスリーは語る。

「すでにピットストップを終えてしまっていた後にVSCが出たから、入賞はできなかった。それでも、いろいろなことが正しい方向に向かっているように感じているので、鈴鹿でのレースを楽しみにしている」

 鈴鹿に挑むガスリー。ガスリーはスーパーフォーミュラに参戦していた経験があり、鈴鹿は十分に走り込んでいるサーキットであるとも言える。F1で走るのは、今回で2回目だ。

「鈴鹿は今年のベストトラックのひとつだ。ドライビングの面で言えば、最もエキサイティングだと思う。最初のセクターは、どのサーキットよりも最高だと思う。スピードと空力面で、F1マシンにどんなことができるのか……それを実感できるセクターだからね。それに加えて、コースの脇はサンドトラップになっているからミスを犯すことなんてできないし、もしミスをしてしまえば、レースが終わったということを意味する」

「鈴鹿は間違いなく僕が好きなサーキットのひとつだ。スーパーフォーミュラに参戦していた頃から、多くの思い出がある。でももちろん、鈴鹿に行く度に、ジュール(ビアンキ)のことを思い出すんだ。常に感情的になるグランプリだよ」

 また、鈴鹿に集まるファンからの声援も、ガスリーにとっては大きな励みになるようだ。

「日本グランプリが最高なことには、もうひとつ理由がある。ここではいつも、たくさんのファンから応援してもらえるんだ。多くのファンが僕らを応援してくれるのは、心温まることだし、嬉しいことだ。そしてホンダのドライバーとして鈴鹿に臨むのは、特別なことなんだ。全ての日本人ファンが、声援を送ってくれるからね」

「とても印象的なことで、鈴鹿に行くのが待ちきれない。昨年、ホンダの工場を視察に行ったけど、今回もレースの週末の前に訪問してきた。みんなの応援の力強さに、本当に感動したんだ。そして今年、ホンダのPUを使うのは、トロロッソとレッドブルの2チームだ。だから、多くのお客さんが集まってくれると思う。本当に特別な週末になるだろう」

Read Also:

クビアト、ホンダの地元でロシアの無念を晴らす!「確実に入賞しないといけない」

前の記事

クビアト、ホンダの地元でロシアの無念を晴らす!「確実に入賞しないといけない」

次の記事

エネルギーの“無駄遣い”避けられた……スポンサー問題終結でハース代表は安堵

エネルギーの“無駄遣い”避けられた……スポンサー問題終結でハース代表は安堵
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第17戦日本GP