F1
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .

メキシコGPで躍進? トロロッソ好発進……ガスリー「本当に有望に見える」

シェア
コメント
メキシコGPで躍進? トロロッソ好発進……ガスリー「本当に有望に見える」
2019/10/26 1:26

トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトとピエール・ガスリーは、メキシコGPの初日に揃って好パフォーマンスを披露。予選と決勝に向け、チームは自信を深めている。

 トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトとピエール・ガスリーは、メキシコGPの初日に揃って力強い速さを見せた。

 FP1を9位、FP2を6位で終えたクビアトは「ポジティブな金曜日だった」とチームのプレスリリースに語る。

「両方のセッションで、僕らはプログラムを完了することができた。だから、予選とレースに向けて準備するために分析すべきデータがたくさんある」

「今日のマシンのフィーリングは良かったけど、コースをより理解し、残りの週末で最大限のパフォーマンスを発揮するために働き続ける必要がある」

 一方のガスリーはFP1で8位、FP2で7位。特にFP2は、他車がソフトタイヤで最速タイムを記録する中、ガスリーはミディアムタイヤでの記録。またロングランのペースも非常に速く安定していた。

「とても良い金曜日になった。セッション最初の頃から、マシンを快適に感じることができていた」

 ガスリーもチームのプレスリリースにそう語る。

「FP1からFP2にかけ、大きなステップを踏み出すことができたと思う。特に、セッション全体を通して僕らが速かったミディアムタイヤでね」

「ドライバビリティに関する小さな問題があったため、残念ながらソフトタイヤでタイムを改善することができなかった。でも、ペースがあるのは分かっている。改善できる余地があると確信しているんだ」

 ガスリーは2日目以降に期待を寄せる。

「全体として、ここでは本当に有望に見える。このペースを維持し、そして明日さらに良いパフォーマンスを見せられるように、今夜一生懸命働く必要がある」

 トロロッソ・ホンダのチーフレースエンジニアであるジョナサン・エドルズも、初日の走行に自信を深めている。

「要約すると、チームにとっては非常に良い1日だった。オペレーションは全てスムーズに行き、予想していたよりもパフォーマンスは高い。このレベルを、予選とレースに向けて維持できることを目指している」

Read Also:

次の記事
F1メキシコGP、センサーを利用しトラックリミット違反を監視

前の記事

F1メキシコGP、センサーを利用しトラックリミット違反を監視

次の記事

アルボン、痛恨クラッシュを嘆く「予選に向けて、リズムを取り戻せるかが重要」

アルボン、痛恨クラッシュを嘆く「予選に向けて、リズムを取り戻せるかが重要」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第18戦メキシコGP