F1
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
28 11月
-
01 12月
イベントは終了しました

基本的には順調な1日……メキシコGP好発進のホンダ、田辺TD語る

シェア
コメント
基本的には順調な1日……メキシコGP好発進のホンダ、田辺TD語る
2019/10/26 13:06

F1メキシコGPの初日走行を終え、ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターが、プレスリリースにコメントを寄せた。

 ホンダ勢パワーユニットを搭載するレッドブルとトロロッソは、メキシコGPを素晴らしい形でスタートさせた。

Read Also:

 FP2ではレッドブルのマックス・フェルスタッペンが2番手、トロロッソのダニール・クビアトが6番手、ピエール・ガスリーが7番手……アレクサンダー・アルボン(レッドブル)こそクラッシュを喫したことにより下位に沈んだものの、いずれも高いパフォーマンスを披露。FP1でも4台揃ってトップ10入りを果たした。

「まだ金曜ではありますが、FP1ではホンダPUを搭載した4台がトップ10入り、FP2でもクラッシュしたアルボン選手以外の3台がよいポジションでトップ10入りと、いいスタートになりました。この勢いを明日以降も維持していればと思っています」

 ホンダのF1テクニカルディレクターである田辺豊治は、そうプレスリリースにコメントを寄せた。

 メキシコGPの舞台であるエルマノス・ロドリゲス・サーキットは、標高2200mと非常に高いところにある。その対策を重点的に進めたと、田辺テクニカルディレクターは説明する。

「ここメキシコは高地ですので、今日のセッションではそれに合わせたセッティングの確認を重点的に行いました。基本的には順調な1日でしたが、さらに最適化が必要な部分もあるので、明日以降の予選と決勝に向けて作業を進めます」

「FP2でのアルボン選手のクラッシュにより、いくらかの走行時間を失ったことは残念でしたが、明日以降のセッションでリカバリーしていければと思います」

Read Also:

次の記事
メキシコGPの表彰式は今年も特別。優勝マシンも表彰台に!

前の記事

メキシコGPの表彰式は今年も特別。優勝マシンも表彰台に!

次の記事

グロージャン激白。ルノーの”ドライバー補助”ブレーキ、ロータス時代から使用?

グロージャン激白。ルノーの”ドライバー補助”ブレーキ、ロータス時代から使用?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第18戦メキシコGP