F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
50 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
57 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
71 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
85 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
99 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
106 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
120 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
134 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
141 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
155 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
162 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
176 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
190 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
218 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
225 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
239 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
246 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
260 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
274 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
281 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
295 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
309 days

マグヌッセン、アメリカGPリタイアは「ブレーキディスクが割れた」ことが原因

シェア
コメント
マグヌッセン、アメリカGPリタイアは「ブレーキディスクが割れた」ことが原因
執筆:
2019/11/04 8:12

F1アメリカGPの53周目走行中にリタイアしたハースのケビン・マグヌッセン。そのリタイア原因は、ブレーキディスクが割れたことだったという。

 ハースのケビン・マグヌッセンは、アメリカGPのレース終盤、バックストレートエンドのグラベルにマシンを止め、リタイアすることになった。これはレース最終盤、マグヌッセンが53周目を走行していた時だった。

Read Also:

 マグヌッセンが止まったことにより、レースの最後まで当該区間には黄旗が振られており、追い越しが禁止に。そのため、オーバーテイクを狙っていたドライバーたちは、軒並みそのチャンスを潰されてしまうことになった。

 マグヌッセンのリタイア原因は、ブレーキディスクが割れてしまったことが原因だったようだ。マグヌッセンはマシンを止める直前、ブレーキバランスを調整するよう、チームから指示されていた。

「僕はレース中ずっと、ブレーキペダルが緩いという問題を抱えていた。だからチームにチェックするように頼んでいたんだ。でも彼らは何の問題も発見できず、温度も大丈夫だった。だから走り続けただけだ。でもその後、ブレーキディスクが破裂してしまった」

 そうマグヌッセンは語った。

「ディスクが破裂したんだ。だから、その時はもうブレーキディスクはなかった」

 マグヌッセンは1周目に10番手に上がり、フェラーリのセバスチャン・ベッテルがリタイアしたことで9番手に上がった。しかし、リタイアした時に彼は16番手を走行していた。

「僕はレッドブルも抜いたんだ。良かったよ」

 マグヌッセンはそう笑いながら語った。

「でも結局、その後後退することになった」

 マグヌッセンは結局9周目の段階で入賞圏内から外れ、徐々にポジションを落としていった。今季これまで同様、彼らはレースペースに苦しんだのだ。

 ハースは今シーズン、マシンの問題を理解するために、様々な空力パッケージを試した。しかし結局現時点でも、それを修正することはできていない。マグヌッセンが今季夏休み以降に入賞を果たしたのは、ロシアGPの1回のみ。チームメイトのロマン・グロージャンは、ドイツGPを最後に1ポイントも獲得できていない。

「数周走ったところで、このポジションを走るのは長続きしないだろうということは分かっていた」

 トップ10圏内を走っていた時のことについて、マグヌッセンはそう語った。

「それに加えて、僕はそのポジションに留まるために熱を入れようとしただけで、タイヤは死んでしまうんだ」

「ペースを落ち着かせるためには、しっかりとタイヤをマネジメントする必要がある。でも、それができないんだ。そしてとにかく、ライバルたちは僕をオーバーテイクしていく」

「絶望的なことだ。僕たちが置かれている状況のことじゃないよ。でも、自分のポジションを維持しようとすることは、絶望的な仕事なんだ」

Read Also:

次の記事
【動画】2019年F1第19戦アメリカGP決勝ハイライト

前の記事

【動画】2019年F1第19戦アメリカGP決勝ハイライト

次の記事

マクラーレンはまだ“中団最強チーム”ではない? 「レースペースが課題」とノリス

マクラーレンはまだ“中団最強チーム”ではない? 「レースペースが課題」とノリス
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第19戦アメリカGP
サブイベント Race
ドライバー ケビン マグヌッセン
チーム ハースF1チーム
執筆者 Scott Mitchell