昨年4位の思い出の地へ。ガスリー「マシンには競争力がある。待ちきれない!」

シェア
コメント
昨年4位の思い出の地へ。ガスリー「マシンには競争力がある。待ちきれない!」
2019/03/29 8:26

トロロッソからレッドブルへと移籍し、2レース目を迎えるピエール・ガスリー。彼にとってバーレーンは、トロロッソ時代に4位入賞を果たした思い出の地だ。

 レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは、加入初戦となった開幕戦オーストラリアGPを11位で完走。予選Q1での戦略ミス、そして抜きにくいコースということもあって、ポイント獲得とはならなかった。

 しかし今週末に行われるバーレーンGPは、トロロッソ在籍時の昨年に4位となった験の良いコース。一気に巻き返しを誓う。

「バーレーンは僕の好きなレースの一ひとつです」

 ガスリーはホンダのプレスリリースに次のように語った。

「去年この場所で、F1での自分のベストリザルトである4位を獲得しました。その時の感動を思い出し、前向きな気持ちになります。レース結果だけでなく、6番手というベストの予選結果を獲得して、5番グリッドから決勝をスタートできたのもいい思い出です」

「そのような良い経験と思い出があるので、バーレーンは特に好きな大会です」

「メルボルンでのレースウイークが難しいものだっただけに、アストンマーチン・レッドブル・レーシングのドライバーとして、思い出の場所に戻るのが楽しみです。バーレーンのサーキットが好きですし、マシンには競争力があるので、トラックを走るのが待ちきれません」

 まさに完璧と言えた昨年の再現、そしてそれ以上の成績を残すことができるのか? 注目が集まる。

次の記事
インディ転向のエリクソン、”DRSの欠陥”指摘「適切なバトルと言えるのか?」

前の記事

インディ転向のエリクソン、”DRSの欠陥”指摘「適切なバトルと言えるのか?」

次の記事

レッドブルはもっと速くなる?「開幕戦はシャシーが最適とは程遠かった」

レッドブルはもっと速くなる?「開幕戦はシャシーが最適とは程遠かった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第2戦バーレーンGP
ドライバー ピエール ガスリー
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
まずは最新ニュースを読む