F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
19 3月
-
22 3月
イベント 進行中 . . .
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
13 days
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
41 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
48 days
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
62 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
76 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
83 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
97 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
104 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
118 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
132 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
160 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
167 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
181 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
188 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
202 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
216 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
223 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
237 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
251 days

メルセデスとの差は詰まってきている……レッドブル代表、ホンダの前進に手応え

シェア
コメント
メルセデスとの差は詰まってきている……レッドブル代表、ホンダの前進に手応え
2019/11/18 22:44

ブラジルGPで今季3勝目を挙げたレッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、ホンダの前進に手応えを感じ、メルセデスとの差が縮まってきていると認識していると語った。

 ブラジルGPで今季3勝目を挙げたレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン。今回のレースはポールポジションからスタートした後、ピットストップでルイス・ハミルトン(メルセデス)に先行されたものの、その都度抜き返すという力強い戦いを披露。トップチェッカーを受けた。

Read Also:

 今回のパフォーマンスに、ホンダのパワーユニットが寄与していたのは間違いない。予選を終えた段階でも、ライバル勢がレッドブルの直線スピードの速さを指摘。今回の決勝でも、前述の通りフェルスタッペンがハミルトンを度々オーバーテイクしたこと、チェッカー直前に同じホンダ製PUを搭載するトロロッソのピエール・ガスリーに追いついたハミルトンが引き離されるシーンがあることを見ても、それは明らかだ。

 レッドブル・ホンダは、メキシコでも速さを見せた。ここブラジルは、メキシコに次いで標高の高いコース……その標高が、このパフォーマンスに繋がったのではないか? そう尋ねられたレッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、次のように語った。

「いや、そんなことはない。しかもダウンフォースのレベルも考慮する必要がある」

 そうホーナー代表は語った。

「メルセデスはおそらく、我々よりも高いダウンフォースレベルで走っていたと思う。それはレースで彼らを助けることになったが、予選では助けにならなかったかもしれない。彼らが今日のレースで、非常に競争力があったのを見ただろう?」

「スティントの最後は、おそらく彼らの方が、我々よりも少し強かったはずだ。ラップタイムをどう縮めるか、その妥協点の問題だ」

 今回のポール・トゥ・ウインは、レッドブルとホンダの将来に向け、大きな後押しになると感じていると、ホーナー代表は言う。

「この5年間、ここでのポールポジションは全てメルセデスのモノだった。しかしホンダが1991年以来初めてここでのポールポジションを獲得し、勝利を手にしたのは素晴らしいことだと思う」

 予選日はホーナー代表の誕生日、そして決勝日はホンダの創設者である本田宗一郎の誕生日だった。そしていずれの日にも、素晴らしい結果を手にしたレッドブル・ホンダ。この”意味”を、ホーナー代表は冗談めかして語る。

「もっと誕生日を増やすべきだと思うね。でもとにかく、昨日は良かった。ポールポジションを獲得するという、素晴らしい誕生日プレゼントをもらった。そして2014年のハイブリッド時代の開始以降、我々にとっての5回目のポールポジションだ。そのうち2回が今年に集まっている。これはつまり、差が縮まってきたことを示している。F1にとって、良いことだと思うよ」

 今回の力強い勝利は、ホンダのF1における将来にとっても重要だと、ホーナー代表は考えている。

「非常に重要な勝利だったと思う。ホンダは大きな進歩を遂げている。彼らがF1に戻ってきた時の状況を考えれば、この5年間のコミットメントと努力を見ることができるだろう」

「このポジションを手にするために、彼らは大きな情熱と誇りを持ち、集中し、素晴らしい仕事をしたと思う」

「彼らには本当にありがとうございます、そしておめでとうございますと言いたい」

 なお今回のレース中、フェラーリの2台が同士討ちするという衝撃的な出来事も起きた。ホーナー代表も以前、同様の問題に苦しめられたことがある。これについて尋ねられたホーナー代表は、次のように語った。

「ウチのドライバーではなかったことは嬉しいね!」

「それはどんな時でも、難しい状況だ。レースドライバーというのは、非常に競争心の激しい動物であり、チームにとって適切なモノと個人にとって適切なモノとの葛藤が常にあるんだ」

Additional report by Jonathan Noble

Read Also:

次の記事
”働くお母さん”の希望に……レッドブル代表、戦略担当女史を表彰台に送る

前の記事

”働くお母さん”の希望に……レッドブル代表、戦略担当女史を表彰台に送る

次の記事

フェラーリ代表、ドライバーの関係悪化を否定「“修羅場”にはならないはず……」

フェラーリ代表、ドライバーの関係悪化を否定「“修羅場”にはならないはず……」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第20戦ブラジルGP
サブイベント Race
チーム レッドブル・ホンダ 発売中