ホンダ、2戦連続3台入賞。田辺TD「PUの面では忙しい週末だった」

シェア
コメント
ホンダ、2戦連続3台入賞。田辺TD「PUの面では忙しい週末だった」
2019/04/14 11:00

ホンダ製パワーユニット搭載車が、2戦連続3台入賞。特にアルボンは、ピットレーンから殊勲の10位フィニッシュを果たした。

 F1世界選手権1000レース目という節目となった中国GP。ホンダのパワーユニット(PU)を搭載するマシンは、4台中3台が入賞することとなった。これは、前戦バーレーンGPに続く2戦連続ということになる。

「3台のマシンが入賞圏内でフィニッシュするというのは、素晴らしいことです」

 ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、トロロッソのプレスリリースにそうコメントを寄せた。

 その中でも殊勲の活躍を見せたのは、トロロッソのアレクサンダー・アルボンだ。アルボンはフリー走行3回目のクラッシュによりマシンを大破させ、決勝をピットレーンからスタートすることになった。しかしそんな不利な状況から粘り強く走り、10位入賞を果たしたのだ。その活躍により、この日のドライバー・オブ・ザ・デイに選出されている。

「アレックス(アルボン)は、土曜日のあの大事故から戻ってくるために、信じられないほどよくやりました。そして、ピットレーンスタートから10位まで上がり、ポイントを手にしたんです」

 そう田辺テクニカルディレクターは語る。

「レースに向けてマシンを準備するために、一生懸命頑張ったチームも、本当によくやったと思います」

「PUの面では、忙しい週末でした。そして今は、ダニールのPUに発生した問題を分析する必要があります。1周目の事故で、彼のマシンがダメージを負ったのは残念でした。それによって、力強いレースをするのを妨げられてしまいました」

 今後のレースに向けても、前を走るチームとの差を縮めるべく、開発の手を緩めることはないと、田辺テクニカルディレクターは宣言する。

「今後のレースに向け、前を行くマシンとの差を埋めるために、開発面でも努力を続けていきます」

次の記事
あそこで全てが決まった……2位ボッタス、スタートのホイールスピンは“白線”が原因?

前の記事

あそこで全てが決まった……2位ボッタス、スタートのホイールスピンは“白線”が原因?

次の記事

【F1動画】2019年F1第3戦中国GP決勝ハイライト動画

【F1動画】2019年F1第3戦中国GP決勝ハイライト動画
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第3戦中国GP
チーム レッドブル・ホンダ 発売中 , トロロッソ・ホンダ 発売中
まずは最新ニュースを読む