ハミルトンを苦しめたフェルスタッペン「勝つために全てを出し尽くした」

シェア
コメント
ハミルトンを苦しめたフェルスタッペン「勝つために全てを出し尽くした」
2019/05/27 4:01

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、F1モナコGPで優勝したルイス・ハミルトンを大いに苦しめたが、最終的には4位という結果に終わった。

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、F1モナコGPを4位で終えた。

 フェルスタッペンはレース中常に力強いペースを発揮し、メルセデスのルイス・ハミルトンにプレッシャーをかけ続けた。しかしここはモナコ……最後までハミルトンを抜くことはできず、2番手でチェッカーを受けた。

「今日は全力を尽くしましたし、楽しいレースになりました」

 フェルスタッペンはホンダのプレスリリースに、そうコメントを寄せた。

「僕らはすごく競争力がありましたし、前のマシンにプレッシャーをかけ続けて、優勝争いを楽しむことができました。ルイス(ハミルトン)と戦うのはとても大変ですが、僕はプッシ ュし続け、彼がミスをするように攻め続けました」

「彼のタイヤを少しでも消耗させれば、仕掛けるチャンスはあると見ていました。いくつかのコーナーではすごく遅くなっていたので、そこで行けるかと思ったのですが、十分に近づくことができませんでした」

「残り数周になったとき、ここで行くしかないと仕掛けてみました。やや接触してしまいましたが、ダメージがなくてよかったです」

 しかしフェルスタッペンは、ピットストップ時にピットレーンでバルテリ・ボッタス(メルセデス)と接触したことについての責任を問われ、5秒タイム加算ペナルティが科せられた。ハミルトンを抜けなかったフェルスタッペンは、同時にセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)とボッタスに真後ろまで迫られていたため、正式結果上はこのふたりに先行されることになってしまう。それで4位に降格してしまったのだ。

「ピットストップでのペナルティは不運でしたが、チームは何も間違ったことをしていないし、あのように狭いピットレーンでは起こり得ることだと思います」

 そうフェルスタッペンは嗣ける。

「もちろん、表彰台に上りたかったのですが、レースは楽しめましたし、こうした展開では勝つことも負けることもあるものです。もう数周あれば捉えられたと言われるかもしれませんが、僕は全力を尽くしましたし、できることはすべてやりきったつもりです」

「レースウイークを通じて、チームは最高の仕事を成し遂げてくれましたし、全員が勝つためにすべてを出し尽くしました」

次の記事
フェルスタッペンはハミルトンと”忍耐強く”戦った。レッドブル代表が賞賛

前の記事

フェルスタッペンはハミルトンと”忍耐強く”戦った。レッドブル代表が賞賛

次の記事

ジョルジオ・ピオラ、クラウドファウンディング上でF1メカイラストを使ったプロジェクトを立ち上げ

ジョルジオ・ピオラ、クラウドファウンディング上でF1メカイラストを使ったプロジェクトを立ち上げ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第6戦モナコGP
サブイベント 決勝レース
ドライバー マックス フェルスタッペン 発売中
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
まずは最新ニュースを読む