F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
12 days

「ホンダの献身と決意、それが勝利の理由」レッドブル代表が賛辞

シェア
コメント
「ホンダの献身と決意、それが勝利の理由」レッドブル代表が賛辞
2019/07/01 8:03

マックス・フェルスタッペンのドライブにより、F1オーストリアGPを制したレッドブル。ホンダの献身と決意が今回の勝利の理由だったと、クリスチャン・ホーナー代表が語った。

 日曜日にレッドブルリンクで行われたF1オーストリアGPで、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが優勝を果たした。

 この勝利はホンダにとっては2015年のF1復帰以来初、2006年ハンガリーGP以来の優勝ともなった。

Read Also:

 この1勝はホンダにとってどんな意味を持つモノとなるのか? レッドブル・レーシングのクリスチャン・ホーナー代表は、次のように語った。

「ホンダは素晴らしい仕事をしたと思う」

「彼らがF1に戻ってきた時には、マクラーレンと厳しい時間を過ごした。その後昨年からは、トロロッソとの仕事を始めた。そして彼らは、自分たちのホームを整え、進歩を始めるための時間を手にすることができた」

「我々はその進歩を見たし、その可能性も見た。それが、サプライヤーを変更した理由だ」

「ホンダと組むことを発表した後ずっと、我々が見てきたのは本当の意味での献身と決意だった。そして、それが今日のレースに勝つことができた理由だ」

 表彰式では、コンストラクターの代表者として、ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターが登壇した。通常ならば、チームの代表者が登壇するものだ。レッドブルのお膝元であるレッドブルリンクならばなおさらだ。しかしレッドブルは、田辺TDを表彰台に上げることを決めた。

「タナベサンがコンストラクターのトロフィーを受け取りに行った。彼らが注いだ努力の後、それを目にするのは素晴らしいことだった。そして、ホンダがコンストラクターズトロフィーを手に入れたんだ」

 今回のオーストリアGPには、倉石誠司副社長など、ホンダの首脳陣も訪れていた。

「今日は1日を通じて、議論をしていたんだ。ホンダの首脳陣が何人か、ここにいらっしゃっている。ホンダのハイブリッド時代最初の勝利を目にするため、副社長がここにいらして良かった。素晴らしいパフォーマンスであり、楽しんでいただけたと思う」

Reported by Jonathan Noble

Read Also:

次の記事
またも初優勝お預け……ルクレール、フェルスタッペンの追い抜きに不満

前の記事

またも初優勝お預け……ルクレール、フェルスタッペンの追い抜きに不満

次の記事

ガスリー、不振に対する批判の声上がるも「自分の走りに集中するしかない」

ガスリー、不振に対する批判の声上がるも「自分の走りに集中するしかない」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第9戦オーストリアGP
サブイベント Race
ドライバー マックス フェルスタッペン 発売中
チーム レッドブル・ホンダ 発売中