F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
Race まで
09 時間
:
00
:
22
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月

RB15に乗るのが待ちきれない! シェイクダウンを”見守った”ガスリー

シェア
コメント
RB15に乗るのが待ちきれない! シェイクダウンを”見守った”ガスリー
2019/02/14 9:31

レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは、シェイクダウンをコースサイドで見守った。そして自身も早くドライブしたいと、その願望を語った。

 レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは、13日に行われたニューマシンRB15のシェイクダウンを受け、自分も早くマシンに乗りたいと語った。

 レッドブルは14日に新車RB15を発表。そしてシルバーストン・サーキットで、早速シェイクダウンを済ませた。この時、ステアリングを握ったのはマックス・フェルスタッペン。今季からチームメイトとなるガスリーは、その走行をコース脇から見守った。

「マシンの見た目はすごいね!」

 ガスリーはそう、チームの公式サイトにコメントを寄せた。

「レッドブルはいつも、新車発表の際に1回限りの素晴らしいカラーリングを登場させる。今回のデザインは、間違いなくこれまでで最高のモノのひとつだ」

 今季からレッドブルは、ホンダとパートナーシップを組む。ガスリーは昨年もトロロッソでホンダ製のパワーユニットを使い、その前にはスーパーフォーミュラでホンダエンジン搭載マシンを走らせた。

「チームにとっては、ホンダとの新しい物語のスタートだ。でもこれまでのところ、本当にうまく行っている」

 来週には、ガスリーにもドライブするチャンスがようやく到来する。

「来週、マックスの立場になって、マシンを走らせ、その状態を正しく感じ取るのが待ちきれない」

「僕にとっては、冬休みはかなり長く感じた。チームと仕事をするのを、待ち焦がれてきたんだ。それは、僕が夢見てきたことだった。バルセロナでマシンを走らせるのを、本当に楽しみにしている」

次の記事
素敵な初デート……ハミルトン、新車W10について「これまでで最高の1台」

前の記事

素敵な初デート……ハミルトン、新車W10について「これまでで最高の1台」

次の記事

【ギャラリー】マクラーレン、2019年用マシン『MCL34』

【ギャラリー】マクラーレン、2019年用マシン『MCL34』
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント レッドブル新車発表会
ドライバー ピエール ガスリー
チーム レッドブル・ホンダ 発売中