F1
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .

ルノーにポジティブな雰囲気を……新天地でのリカルドの”役割”

シェア
コメント
ルノーにポジティブな雰囲気を……新天地でのリカルドの”役割”
2019/02/13 3:00

ルノーの新車R.S.19が発表されたのに伴い、リカルドが今シーズンに向けての意気込みを語った。

 ルノーが2019年シーズンを戦うニューマシンR.S.19を発表した。このマシンは、レッドブルから移籍してきたダニエル・リカルドにとって、ルノーでの最初のマシンということになる。

「ルノーはモータースポーツで偉大な歴史を持っている。彼らのF1における旅の次のステップを共に歩むのは、エクサイティングな挑戦だ」

 そうチームのプレスリリースにコメントを寄せたリカルドは、サーキットでの仕事以外にも、チームの”雰囲気作り”という部分でも貢献したいと考えているようだ。

「僕はサーキット上で仕事をするために、そして出来る限り速くドライブするためにここにいる。しかし、チームにエネルギーをもたらすこともしたいと思う。みんなのステップのバネになりたい。それは僕の仕事の一部だし、僕の性格でもある」

「ポジティブなエネルギーを、促進する存在になりたいんだ」

 すぐにトップ争いに加わることを期待しているわけではないと、リカルド自身もルノーも常々コメントしてきた。しかし前進していくことが”明確な”目標であると、リカルドは語る。

「2018年に学んだことのすべては、2019年の僕をより良い存在にする。その違いによって、より成熟した人間になるんだ」

「どこを目指していくのか、僕はより明確にしている。そして、サーキットで良い結果を残すために、それを目指している。多くのポジティブなプレッシャー、そして素晴らしいことを成し遂げるという期待を感じている。しかしそれは、僕が楽しみにしているものだ」

次の記事
ルノーの新車R.S.19を、昨年型R.S.18とクリック&スライド画像で徹底比較

前の記事

ルノーの新車R.S.19を、昨年型R.S.18とクリック&スライド画像で徹底比較

次の記事

新安全基準ヘルメット、一部間に合わず。旧型でテスト参加のドライバーも?

新安全基準ヘルメット、一部間に合わず。旧型でテスト参加のドライバーも?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ダニエル リカルド 発売中
チーム ルノーF1チーム