F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
00 時間
:
45
:
22
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
7 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
21 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
35 days

アルボン、初日はトラブルで10番手も「マシンは速い」と自信見せる

シェア
コメント
アルボン、初日はトラブルで10番手も「マシンは速い」と自信見せる
2019/09/28 3:31

F1第16戦ロシアGP初日はトラブルに見舞われたアレクサンダー・アルボン。しかしマシンの速さには良いものがあると、2日目以降の走行に自信を覗かせた。

 F1第16戦ロシアGPの初日を、レッドブルのアレクサンダー・アルボンはFP1を6番手、FP2を10番手で終えた。

 アルボンはFP2の走行でフロアにダメージを負ってしまい、その修復作業が必要となったため走行時間を失ってしまった。さらに修復を終えてアタックラップに向かった際にはトラフィックの影響を受けて、タイムアタックを完遂できなかった。

「今朝のFP1はいいセッションとなったのですが、午後のFP2では4コーナーでワイドに出てしまった時にフロアにダメージを負い、残念なことに修復作業で時間を失うこととなってしまいました」

「そのため予定が遅れてしまい、コースに復帰した時にはロングラン走行を試しているライバル勢のトラフィックにより、クリーンラップで走行することができませんでした」

 アルボンは初日を振り返り、ホンダのプレスリリースにそうコメントを寄せた。

「トラブルを避ける努力をしながら走行していました。しかし(バルテリ)ボッタス選手が後ろにいると知らされた時、そのさらに後ろに(ルイス)ハミルトン選手がいることを知らなかったため、彼のライン上の邪魔をすることとなってしまいました」

「こういったことは起こってしまうことではありますが、もっといろいろ試せたことも多かったはずなので貴重なセッションの時間を無駄にしてしまったことは非常に残念です」

 アルボン自身はFP2では10番手に留まったが、チームメイトのマックス・フェルスタッペンはトップタイムと好調だ。アルボンもマシンへの自信は増してきているようで、2日目以降に期待を覗かせた。

「しかしチームメートのフェルスタッペン選手がトップタイムということは、マシンの調子がいい方向へ戻ってきた証拠なので、とてもうれしい結果となりました」

「マシンのペースはよく、速さを見せていると思います。明日は自分の走行に集中して、クリーンな走行ができるよう努めます。時間がかかることですが、徐々にマシンへの自信もつけられてきていますし、シンガポールGPの時と比べると、この週末はだいぶ期待の持てるレースウィークになると感じています」

Read Also:

次の記事
母国特別デザインヘルメットを使えない? クビアト「冗談みたいなルールだ」

前の記事

母国特別デザインヘルメットを使えない? クビアト「冗談みたいなルールだ」

次の記事

フェラーリ、最新パッケージの効果を確認。開発を来季マシンに本格シフトへ

フェラーリ、最新パッケージの効果を確認。開発を来季マシンに本格シフトへ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第16戦ロシアGP