F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月

F1シンガポールGP予選:フェラーリが“予想外”の速さ。ルクレールPP、フェルスタッペン4番手

シェア
コメント
F1シンガポールGP予選:フェラーリが“予想外”の速さ。ルクレールPP、フェルスタッペン4番手
執筆:
2019/09/21 17:14

F1シンガポールGPの予選では、フェラーリのシャルル・ルクレールが3戦連続となるポールポジションを獲得した。

 F1第15戦シンガポールGPの予選が行われた。大方の予想に反してフェラーリが速さを見せ、シャルル・ルクレール(フェラーリ)が3戦連続のポールポジションを獲得した。

 F1ナイトレースの元祖と言えるシンガポールGP。ここまでのフリー走行ではレッドブルのマックス・フェルスタッペンが速さを見せていたが、直前に行われたFP3ではミスがあり6番手に。正確な勢力図が見えないまま、予選を迎えた。

Q1:メルセデスが速さを見せる。クビアト無念の脱落

 シンガポール市街地コースはそのコース幅の狭さやコーナー数の多さもあり、トラフィックにかかって満足なタイムを刻めない可能性がある。そのため多くのマシンがセッション開始数分でコースインした。なお、FP3でオイル漏れのトラブルに見舞われていたダニール・クビアト(トロロッソ)もコースに向かっていった。

 各車最初のアタックを終えた段階で、シャルル・ルクレール(フェラーリ)が1分38秒014でトップに立った。2番手にはフェルスタッペンが入り、唯一ミディアムタイヤを履いたメルセデス勢は、バルテリ・ボッタスが3番手、ルイス・ハミルトンが4番手に入った。

 1回目のアタックではタイムが上がらなかったセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は、同じタイヤで2回目のアタックを敢行。1分38秒374で2番手につけた。

 残り3分となり、メルセデスの2台がソフトタイヤを履いてコースに。ボッタスが1分37秒317でトップに、ハミルトンが1分37秒565で2番手につけ、ライバルを大きく上回ってみせた。

 セッション終了間際は、Q2進出を懸けた中団チームの争いに。ケビン・マグヌッセン(ハース)とキミ・ライコネン(アルファロメオ)がラストアタックで脱落圏から脱出。さらに最後の最後にアタックを行ったセルジオ・ペレス(レーシングポイント)が17番手から14番手に順位を上げたため、クビアトがノックアウトされてしまった。15番手のマグヌッセンとは0.015秒という僅差だった。

 Q1脱落はクビアト以下、ランス・ストロール(レーシングポイント)、ロマン・グロージャン(ハース)、ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)、ロバート・クビサ(ウイリアムズ)となった。

Q2:今度はフェラーリがワンツー。ガスリー敗退

 15台全てがソフトタイヤを履いてコースイン。3強チームの中でも、ミディアムスタートを狙うマシンはいなかった。

 上位陣ではまずボッタスが1分37秒142をマーク。ハミルトンが1分37秒061でそれを上回った。さらにルクレールが1分36秒930でトップに立ち、フェルスタッペンは1分37秒089でメルセデス2台の間に割って入った。この4台のギャップはコンマ2秒と、かなり接近している。

 ベッテルはルクレールから0.375秒差の5番手、アレクサンダー・アルボン(レッドブル)はトップから約1秒遅れの7番手にとどまった。

 セッションは残り3分となり、各車が最後のアタックに向かうため、続々とコースインしていった。

 ここでベッテルが1分36秒720でトップに。さらにルクレールも負けじと1分36秒650でそれを上回り、フェラーリのワンツー体制となった。

 ペレスはラストアタックで自己ベストを更新したものの、わずか0.040秒届かず11番手に終わった。ピエール・ガスリー(トロロッソ)もタイムをまとめることができず、13番手。フリー走行からコンスタントにトップ10入りしていたトロロッソだったが、Q2までに2台とも姿を消すこととなってしまった。

 Q2敗退は11番手から順に、ペレス、アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)、ガスリー、キミ・ライコネン(アルファロメオ)、マグヌッセンとなった。

Q3:ルクレールが3戦連続PP。ベッテルはラストアタック失敗

 メルセデスとフェラーリが“がっぷり四つ”という状態で迎えたQ3。まず最初のアタックではフェラーリが速さを見せた。

 ベッテルが1分36秒437でトップに、さらにルクレールも1分36秒791で2番手につけた。一方のメルセデス勢はふたりともうまくタイムをまとめられず、ハミルトンが1分37秒447で4番手、ボッタスが1分37秒483で5番手となった。フェルスタッペンは1分36秒817で3番手につけた。

 これまでのレースは残り2〜3分で各車が一気にコースインするが、今回はトラフィックのリスクを考慮してか、残り4分を切った段階で各チームが動きはじめた。

 その中でもフェラーリが先立ってラストアタックに入った。第7戦カナダGP以来のポールポジションが欲しいベッテルだったが、このアタックをまとめられず、ピットへと戻ってしまった。

 そのベッテルを尻目にルクレールが速いラップを刻み、1分36秒217をマーク。トップに立った。ハミルトンは1分36秒408でベッテルのタイムを上回るが、ルクレールには届かなかった。

 これでルクレールはベルギー、イタリアに続き3戦連続のポールポジション。これまでとはコース特性の全く違うシンガポールで、予想外とも言える速さを見せた。2番手にはハミルトン、3番手にはベッテルとなった。

 レッドブル・ホンダはフェルスタッペンが4番手、5番手のボッタスを挟んでアルボンが6番手となった。7番手以下はカルロス・サインツJr.(マクラーレン)、ダニエル・リカルド(ルノー)、ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)、ランド・ノリス(マクラーレン)となった。

【リザルト】F1第15戦シンガポールGP:予選結果

順位 ドライバー タイム 平均速度
1 Monaco シャルル ルクレール 1'36.217   189.434
2 United Kingdom ルイス ハミルトン 1'36.408 0.191 189.058
3 Germany セバスチャン ベッテル 1'36.437 0.220 189.002
4 Netherlands マックス フェルスタッペン 1'36.813 0.596 188.268
5 Finland バルテリ ボッタス 1'37.146 0.929 187.622
6 Thailand アレクサンダー アルボン 1'37.411 1.194 187.112
7 Spain カルロス サインツ Jr. 1'37.818 1.601 186.333
8 Australia ダニエル リカルド 1'38.095 1.878 185.807
9 Germany ニコ ヒュルケンベルグ 1'38.264 2.047 185.488
10 United Kingdom ランド ノリス 1'38.329 2.112 185.365
次の記事
【動画】F1第15戦シンガポールGP予選ハイライト

前の記事

【動画】F1第15戦シンガポールGP予選ハイライト

次の記事

クビアトはまたもオイル漏れ。ホンダ田辺TD「時間を考慮しPUを交換」

クビアトはまたもオイル漏れ。ホンダ田辺TD「時間を考慮しPUを交換」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第15戦シンガポールGP
執筆者 戎井健一郎