F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月

フェルスタッペン、ショートランには手応え「メルセデスとの差は近いはず」

シェア
コメント
フェルスタッペン、ショートランには手応え「メルセデスとの差は近いはず」
2019/11/02 10:13

F1アメリカGPのフリー走行1回目でトップタイムを記録したレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、ショートランのペースに満足していると語った。

 F1第19戦アメリカGPが開幕した。マックス・フェルスタッペン(レッドブル)は、フリー走行1回目でトップタイムを記録し、フリー走行2回目でも3番手につけた。

 FP2ではトップのルイス・ハミルトン(メルセデス)に0.301秒差をつけられたフェルスタッペンだが、彼はホンダのプレスリリースの中で、この差が純粋な実力差を反映したものではないと主張した。

「いい1日だったし、ショートランでのペースはとてもよかった」とフェルスタッペンは語った。

「ルイス(ハミルトン)は、最速タイムを出したラップでトウ(スリップストリーム)を使っていたので、タイムは実力を反映したものではなく、実際の差はもっと近いかもしれない」

「ロングランでは少し差をあけられてしまったので、まだ完全に満足しているわけではない。今夜はデータを見返してみるよ」

 アメリカGPが行われるサーキット・オブ・ジ・アメリカズの路面はかなりバンピーであり、ドライバーからは不満の声が聞かれた。フェルスタッペンもこの件については良く思っていないようだ。

「コースは年々バンプが増えている。ブレーキングエリアにあまり多くないとはいえ、来年に向けては対策が必要かもしれない」

「僕はストリートサーキットでのバンプをそれほど気にしないけど、ここではマシンがジャンプしてしまうようなひどい箇所がいくつかあるし、タイヤがきちんと接地しない場面もある」

「このコースはタイヤにもとても厳しいから、この状況できちんとコントロールできれば、かなりいい結果が見込めると思う」

Read Also:

次の記事
アメリカGP初日は絶好調のガスリー「マシンは望んでいたレベルにある」

前の記事

アメリカGP初日は絶好調のガスリー「マシンは望んでいたレベルにある」

次の記事

激しいバンプへの批判に反論するドライバーも……リカルド「このくらいの方が好き」

激しいバンプへの批判に反論するドライバーも……リカルド「このくらいの方が好き」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第19戦アメリカGP
ドライバー マックス フェルスタッペン 発売中
チーム レッドブル・ホンダ 発売中