F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
R
F1 70周年記念GP
07 8月
次のセッションまで……
1 days
14 8月
次のセッションまで……
8 days
28 8月
次のセッションまで……
22 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
29 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
36 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
50 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
64 days
23 10月
次のセッションまで……
78 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
86 days

豪州GP後、ドバイに2ヵ月足止め……ガスリー「レース、戦い、スピードに飢えている」

シェア
コメント
豪州GP後、ドバイに2ヵ月足止め……ガスリー「レース、戦い、スピードに飢えている」
2020/07/01 8:48

アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは、オーストラリアGPが中止された後、2ヵ月にわたってドバイで足止めされていたというが、その間に様々なトレーニングを行ない、これまでに無いほど良い状態に身体を仕上げてきたという。

 オーストリアでいよいよ開幕を迎える2020年のF1。本来の開幕戦オーストラリアGPが急遽中止された後、ドライバーたちはそれぞれ異なる過ごし方をしてきた。

 アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは、オーストラリアGPの中止が決まった直後から、長いこと中東のドバイで過ごすことになったという。

Read Also:

「オーストラリアGPの中止が決まった後、僕はドバイに行ったんだ。そもそも、第2戦バーレーンGPに行く前に、ドバイに立ち寄る予定だった」

 ガスリーはチームがオーストリアGPを前に発表したプレスリリースに、そうコメントを寄せた。

「状況がどのように変わったのかを確認するため、2〜3日はかかると思っていた。しかしその後、イタリアの空港が閉鎖されてしまったため、僕は戻ることができなくなった。(母国の)フランスに戻ることはできたけど、家族を危険に晒したくなかった」

「だから僕は、トレーナーと共にドバイに留まることを決めたんだ。それで2ヵ月の合宿をした。ドバイの制限はヨーロッパとほとんど同じで、アパートの外に出る時には、マスクと手袋を装着する必要があった」

 ドバイで集中的にトレーニングをしたことで、彼の肉体はこれまでにないほどの仕上がりを見せているという。

「ドバイではおそらく、60日のうち58日はトレーニングしていた。だから実際に人生の中でも最高の状態にあり、本当に向上することができた」

「友人とオンラインで遊んだり、イタリア語を上達させるためにオンラインでレッスンを受けたりもした。ボートの操縦免許も取ったし、実際にカートに乗ったり、ゴルフをしたりすることもできた」

 結局、ガスリーがフランスに戻ることができたのは、5月中旬だったという。

「僕がフランスに戻ったのは、5月中旬のことだった。でも、これはとても奇妙な経験だったよ。ドバイの空港はほとんど人がいなかった。フランスへの直行便もなかったから、フランクフルトを経由しなくちゃいけなかったんだ」

「でもすべてが遅れた。その結果、列車に乗り遅れてしまい、家まで7時間のドライブをするハメになったんだ」

 とはいえフランスでの生活を、ガスリーは満喫したようだ。

「家族と一緒に過ごすのは、とても良いことだった。いつもなら、1年の中でもあまり会うことはできないからね。こんなに長い休暇を過ごしたことなんてないよ。普通は、数日おきに空港に行かなきゃいけないからね。10歳を超えてから今まで、同じところで2ヵ月も過ごしたことなんてないと思う」

「フランスに戻ってからもカートを続け、F1とル・マンのバーチャルレースにも参加した。楽しかったし、良い時間の埋め方ができた。チームとも連絡を取り合い、毎週フランツ(トスト/チーム代表)や僕のエンジニアと話をしたんだ」

 アルファタウリはフィルミングデーを活用し、トロロッソ時代の2018年のマシンと、今季用の最新マシンをイモラ・サーキットで走らせた。ガスリーもこれに参加し、久々にF1マシンをドライブすることができた。

「そしてついに、イモラでフィルミングデーを使い、ホンモノのF1マシンをドライブすることができた。最初は2018年のマシンに乗り、その後で今年のマシンに乗った。信じられないような経験だったよ。特に2012年に最後にドライブした、僕のお気に入りのサーキットであるイモラを走れるなんて、とても幸せだった」

「レース、アドレナリン、戦い、そしてスピードが恋しい。だから、シーズンを再開できるのは、最高だよ。ほとんど毎週レースを戦うことになるから、本当に忙しくなるだろう。今はとてもエキサイティングな時期だ」

「最初の数戦、ファンを迎えられないことは少し残念だ。でもできるだけ早く、安全にシーズンを再開させることが、重要だと僕は感じている。そして今後数ヵ月で、この状況から抜け出せるのを願っている」

 F1はシーズンをスタートさせるにあたり、サーキットでの行動様式を厳格に制限することを決めている。それには安心感を感じるというガスリーだが、F1マシンをドライブするのは、これまでと変わらないと語る。

「全ての安全要件が満たされていると、信頼している。健康に関するあらゆるルールが整えられていて、人々がどう動き回るか、そして人々がどう話すことができるのか……そういうことについては、確かに多くの制限が課されている」

「でもドライバーとしては、少なくともマシンに乗っている時には、全てがいつもと同じように見える。色々な事が複雑になっているのは、マシンを降りた時だよ」

Read Also:

人種差別への抗議のため、F1ドライバー全員が開幕戦のグリッドで片膝をつくことを検討

前の記事

人種差別への抗議のため、F1ドライバー全員が開幕戦のグリッドで片膝をつくことを検討

次の記事

シロトキン、2020年もルノーF1のリザーブを担当。万が一に備え全レースに帯同

シロトキン、2020年もルノーF1のリザーブを担当。万が一に備え全レースに帯同
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント オーストリアGP
ドライバー ピエール ガスリー
チーム アルファタウリ・ホンダ 発売中