F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
19 3月
-
22 3月
イベント 進行中 . . .
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
13 days
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
41 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
48 days
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
62 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
76 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
83 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
97 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
104 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
118 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
132 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
160 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
167 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
181 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
188 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
202 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
216 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
223 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
237 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
251 days

「全ての材料が揃った」アルファタウリ代表”ランク5位”目指す意味を語る

シェア
コメント
「全ての材料が揃った」アルファタウリ代表”ランク5位”目指す意味を語る
執筆:
協力: 田中 健一
2020/02/21 9:40

アルファタウリ・ホンダのチーム代表であるフランツ・トストは、「ランキング5位を目指す」と発言した意味を解説。それを達成するために必要な”全ての材料”が揃ったと語った。

 2018年からホンダのパワーユニットを使ってきたトロロッソ。昨シーズンはドイツGPでの3位(ダニール・クビアト)、ブラジルGPでの2位(ピエール・ガスリー)と2度の表彰台を獲得し、コンストラクターズランキングも6位となった。

 そして今年からはチーム名称をアルファタウリに変更。マシンのカラーリングも一新し、さらなる躍進を目指している。

 チーム代表のフランツ・トストは、2020年シーズンの目標を”ランキング5位”と明言。その真意について彼は、motorsport.comの独占インタビューに次のように語った。

「成功するための、すべての材料が我々には揃っている」

 トスト代表はそう語った。

「うまく機能するであろうマシンがある。パワーユニットの面では、ホンダという素晴らしいパートナーもいる。ホンダは冬の間に、パフォーマンスと信頼性を高めるために懸命に働いたんだ」

「経験豊富なふたりのドライバーがいる。F1参戦経験のあるドライバーがふたり揃うのは、チームにとっては初めてのことだ。両方のドライバーが共にコースを知っている状態でメルボルンに行くなんて、新たな気持ちだね」

「そしてチームも同様だ。我々には経験豊富なエンジニアがいる。これらの材料がすべて揃っているのだから、(ランキング5位という)目標を達成できると楽観視している」

 トスト代表は今季のドライバーラインアップについて、経験のみならずチーム史上最高の組み合わせだと考えている。

「その通りだ。それは強調しようじゃないか。ふたりのドライバーを分析してみよう。ダニール・クビアトは、天性のスピードを持っている。彼はレースに勝ち、チャンピオンシップを獲得した経験のあるドライバーだ。GP3の時を思い出してみるといい。ピエール・ガスリーも同様だ。彼もレースに勝ち、GP2ではチャンピオンに輝いた。彼は昨シーズンの後半に、いくつも素晴らしいレースを見せてくれた。(メルセデス/ルイス)ハミルトンを抑え、サンパウロで2位になったのを覚えているだろう」

 多くのチーム代表は、目標とすべきランキングを明示しないことが多い。しかしトスト代表は前述のように「目標はランキング5位」と明確に語っている。その重要性について尋ねると、彼は次のように語った。

「それは私の哲学によるものだ。みんな、目標がどこにあるのかを知らなければならないだろう? そして、何を達成すべきかも知っている必要がある。そして、私は彼らに対して『7位で満足している』などと言うもこともできないんだ」

「彼らに、私が期待することを伝えるだけだ。そしてみんながそれを真剣に受け止め、この目標を達成するために懸命に働くことを期待している。なぜなら……先ほども説明したように、我々にはすべての材料が揃っている。良いパフォーマンスを示さなければいけないから、この目標を設定したのだ。非現実的な目標ではないと思う。我々は共に、それを成し遂げなければならないのだ」

Interview by Oleg Karpov

 

Read Also:

次の記事
【生配信】話題のチームの動向は? ライブテキスト:F1プレシーズンテスト3日目

前の記事

【生配信】話題のチームの動向は? ライブテキスト:F1プレシーズンテスト3日目

次の記事

計画通りやれれば、レッドブルに貢献できる……2020年ホンダの”自信”

計画通りやれれば、レッドブルに貢献できる……2020年ホンダの”自信”
コメントを読み込む